物理マシンを VirtualBox 仮想マシンに変換する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 先に進む前に、まず物理マシンをHyper-Vで仮想マシンP2Vに変換する方法をご覧ください。 この手順は 1 回だけ行う必要があることに注意してください。VM を配置すると、BackupChain は後続のバックアップ サイクルで仮想ディスクを自動的に置き換えることができます。障害復旧シナリオで VM が必要な場合は、起動するだけですぐに準備完了です。 他のすべてのハイパーバイザーと同様に、戦略は同じです。適切な RAM とその他の設定で新しい VM を作成し、BackupChain によって作成された仮想ディスク (VDI) をポイントします。仮想ディスクをIDEまたはSATAコントローラにマウントします。起動の問題が発生した場合は、上記のセクションの144ページで説明したように起動設定を変更し、必要に応じてEFI BIOS設定を確認する必要があります。 次に、ハードディスクの設定に移動し、BackupChainによって作成されたVDIファイルを選択します。 必要に応じて、IDE コントローラーを作成し、そのコントローラーに VDI を接続できます (SATA コントローラーが VM で機能しない場合)。 コントローラを追加したら、SATAコントローラからVDIを削除し、代わりにIDEコントローラに接続します。 これで VM が完了し、起動される可能性があります。VMがブルースクリーンで起動する場合は、上記のセクションの144ページで説明したように、ブート設定を変更する必要があります。 EFI ブート方式を使用するオペレーティングシステムの場合は、ここで有効にする必要があります。  

一般的な推奨事項

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home このセクションでは、BackupChainを使用する際に推奨されるさまざまな方法について説明します。 使用可能なメモリ タスクマネージャによって報告されたように、少なくとも512 MBの空き容量があるか、常に利用可能であることを確認してください。 ハイパー V マイクロソフトでは、運用環境でスナップショット/チェックポイントを使用することはお勧めしません。スナップショットを使用すると、パフォーマンスが大幅に低下し、複雑さも増します。さらに、スナップショットを作成した VM には、プロセッサに依存する情報やその他のハードウェア依存の情報が含まれているため、同様のハードウェアでのみ復元できます。 多くの Hyper-V ユーザーは、スナップショットを適用して “バックアップ” を作成します。ただし、スナップショットは元のディスクと同じディスクに保存されるため、バックアップではありません。古いバージョンの仮想マシンを保持する場合は、BackupChain を使用して手動またはスケジュールされた間隔でバックアップするだけです。これははるかに効率的であり、実行時のパフォーマンスの低下を伴いません。 速度設定 少なくとも当初、ほとんどのユーザーは超高速バックアップのアイデアを好みましたが、現実にはハードウェアに負担がかかり、サーバーの応答性に影響を与える可能性があります。そのため、特にクラスタ共有ボリューム設定では、バックアップを 1 つの CPU コアに制限し、最も低いタスク優先度を使用し、BackupChain の読み取り I/O 速度を開始点として約 15 ~ 50,000 Kbyte/秒に制限することをお勧めします。 この数値を微調整するには、RAID 速度と、読み取り速度と書き込み速度に対するハードドライブの平均負荷を考慮に入れます。また、バースト速度は実際の長期データ・アクセス速度の倍数になる可能性があることも考慮してください。最新のハードドライブは150MB /秒以上で破裂する可能性がありますが、シーケンシャルデータを読み取るときに信頼できる60MB /秒しか得られません。 ドライブと VM を頻繁に内部から最適化します。動的に拡張する仮想ディスクを使用している場合は、ホスト上での最適化をお勧めします。SSDを使用する場合は、ドライブのセルの摩耗を軽減し、それによって寿命を延ばす特殊な最適化ソフトウェアが利用可能です。 速度を上げるには、ミラー付きのRAIDストライプアレイを使用することを検討してください(オプション)。 ユーザー アクセスが制限されているときにバックアップをスケジュールします。 ギガビット・ネットワーク・ターゲットを使用し、理想的にはバックアップ・データ専用の専用ネットワーク・アクセス・アダプターを使用し、ストレージ・デバイスへの専用接続を使用します。 一般的な推奨事項 VM を定期的に再起動して、問題を早期に発見します。ブートエラーが検出されず、バックアップ履歴がすべてをブート可能な状態に復元するのに十分な長さではない可能性があります。 ライブバックアップに加えて、定期的にオフラインバックアップを作成します。シャットダウンして再起動すると、VM が良好な状態 (ブート中にブート エラーやその他のディスク エラーがない状態) であることもさらに保証されます。 […]

FTPサーバーバックアップのステップバイステップの手順

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainのFTPサーバを使用するか、別のFTPホストを使用するかにかかわらず、バックアップをFTPサーバに送信するために必要なのは、バックアップターゲットをFTPに選択して参照を押すことだけです。 次に、FTPサーバーにアクセスするために必要な接続の詳細を入力します。 ftp:// 接頭辞は入力せず、上記のようにIPアドレスまたはホスト名を入力するだけです。 ポート番号は、以下に別途入力します。ポート 21 は、ほとんどの FTP サーバーで使用される標準ポートです。 ユーザー名とパスワードを入力し、サーバーがそれをサポートし、独自のユーザー名を持っていない場合は、匿名アクセスに匿名を使用する必要があります。 「TLS経由で明示的なFTPを使用する」オプションは、暗号化されたFTPSをオンにして、セッションを盗聴から保護します。 サーバーの種類の選択は非常に重要です。バックアップされたバックアップチェーン FTP サーバーを使用する場合は、「バックアップチェーン FTP サーバー v4 以降」を選択します。IIS 7 以降、および NTFS ファイル システムに基づく完全に互換性のある FTP 実装の場合は、「Microsoft IIS 7 以降」を使用します。Linux をベースとする NAS サーバーがある場合、または Windows オペレーティング・システム上にない NAS サーバーがある場合は、「Linux ベースのサーバーまたは NAS」を使用してください。他のすべてのシナリオでは、「詳細設定」タブで編集できる「カスタム設定」を使用します。 「カスタム」モードの上記の画面では、プリセットを変更できます。 「Keep Aliveを使用」は、長時間の転送中に接続をアクティブに維持(回線ドロップを防ぐ)しようとする機能を有効にします。 「FTPサーバはSIZEコマンドをサポートしています」はオンにしておく必要があります。これは、SIZE コマンドをサポートしない非標準の FTP サーバーに対処するために提供されています。 「パッシブモードを使用する」は、FTPにアクセスするための推奨される方法です。FTP アクティブモードを使用する必要がある場合は、オフに切り替えますが、ファイアウォールが正しく構成されていることを確認してください。 「フルネームの文字起こし」により、BackupChainは文字をコードに音訳します。これは、さまざまなシステムでは、Windowsで有効な特定の文字がサポートされていないためです。一部のシステムでは、スペースや特殊文字 (@ […]

ファイル ベースの Hyper-V バックアップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ファイルベースのアプローチは一般に推奨されず、特定の状況でのみ使用されます。クラスター共有ボリュームには推奨されません。ほとんどのユーザーは、代わりに Hyper-V 自動バックアップ機能を使用する必要があります (以下の次のセクションを参照してください)。 ライブ仮想マシンをバックアップできるのは、仮想マシンがローカルに保存されている場合のみであることに注意してください。ライブ・バックアップはネットワーク上では機能しません(SANおよびCSVバックアップのみ例外)。つまり、別のサーバーに保存されている VM をプルすることはできません。ライブでバックアップするには、VM がローカルで実行されている必要があります。ただし、オフライン バックアップ (VM がシャットダウンされた場合) はネットワーク経由で機能します。 新しいバックアップ ウィザードを開き、[新しいタスク] ボタンを使用して新しい “Hyper-V バックアップ (サーバー)” タスクを作成します。 次に、使用する Hyper-V バックアップの種類を決定します。ファイルとフォルダーベースの方法の代わりに「自動シングルクリックバックアップと復元」を使用することを強くお勧めしますが、このチュートリアルではファイルフォルダーの方法について説明しますので、ファイルフォルダーの種類を続行します。 VM がクラスター共有ボリューム上にある場合は、下部にある [CSV] オプションを選択します。 仮想マシン ファイル (VHD、仮想マシン フォルダーとスナップショット フォルダー) を含むフォルダーを選択します。 注: ネットワーク経由でファイルをプルすることはできません。ライブ バックアップを機能させるには、VM をローカルまたは CSV にインストールする必要があります。 次に、デフォルト設定を受け入れるか、カスタム設定を使用します。 推奨されるバックアップ設定では、重複排除、データ圧縮、および 10 ファイル バージョンの保存期間が有効になります (つまり、ファイルの 11回目のバックアップの後、最も古いバックアップが削除されます)。 「ファイル処理なし」は、重複排除とデータ圧縮をオフにし、10 ファイル・バージョンの保存期間を使用します。 カスタム設定を選択すると、次の画面が開きます。 […]

ディスク・バックアップ検証とディスク・クローン検証

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home すべてのディスク・バックアップ・プロセス(P2P、P2V、V2P、V2V)は、以下に示すように、ブロック・レベルまたはファイル・レベルのいずれか、またはその両方で検証できます。 上記の「すべてのサービスをバックアップ用に準備する(アプリケーションの整合性)」オプションを使用すると、BackupChainはVSS対応のすべてのサービスに信号を送信してバックアップを準備します。このオプションは、サーバが SQL Server、最新バージョンの Oracle、Microsoft Exchange Server などの VSS 対応サービスを実行している場合に使用します。 「空きとしてマークされたディスク領域をスキップする」オプションを使用すると、ボリューム “C:” の空き領域など、ファイル システムによって明示的に空きとしてマークされているディスク ストレージ ブロックが BackupChain によってスキップされます。 検証では、特定のパスを除外できます。各パスを別々の行に入力し、ドライブ文字は入力しないでください。上記の例では、パス “\temp” を検証から除外しています。検証ではバックアップの完了に必要な時間が長くなるため、可能であれば検証ボリュームを減らすことは理にかなっています。上記の例では、検証の必要がない重要でないファイルを保持しているため、\tempフォルダを除外しています。  

ディスクバックアップとディスクコンバータ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスクをコピーしたり、VM をある形式から別の形式に変換したり、物理ディスクのバックアップを取ったりする場合は、「ディスクバックアップとディスクコンバータ」ツールを使用できます。 「ディスクバックアップ&ディスクコンバータ」ツールは、前の章(ディスクバックアップタスク)で説明したのとまったく同じ機能を提供しますが、一度だけ操作するだけで設定は保存されません。手動またはタスクスケジューラを介して、ある時点で繰り返すことを意図したタスクを作成するのとは異なり、「Disk Backup & Disk Converter」ツールは、手動の一度限りの操作のためのディスクバックアップ機能を提供します。 Backup Chain Monitor のメインメニューから Disk Tools >Disk Backup & Disk Converter を選択します。 新しい画面が開き、「新規タスクウィザード」で新しいディスクバックアップタスクを作成するときと基本的に同じレイアウトになります。 また、「ディスクの追加」ボタンを使用して操作にディスクを追加することもできます(たとえば、データストレージに複数のドライブを同時に使用するアプリケーションのために2つのドライブを同時にバックアップする必要がある場合など)。ディスクを追加すると、便宜上、一部の設定がコピーされます。 このツールで提供される各機能の詳細については、29 ページを参照してください。 ステップバイステップの記事 ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元 ディスクへのイメージ: 仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーします。 仮想ディスク変換: VHDX、VHD、VMDK、VDI、および Physical  

重複排除 (デルタ圧縮) 設定

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 重複排除 (デルタ圧縮とも呼ばれます) は、大きなファイルを定期的にバックアップするときに冗長性を低下させるプロセスです。デルタ圧縮アルゴリズムは、バックアップ・サイクル間に発生した変更を検出することにより、ストレージ使用量とバックアップ時間を短縮します。 重複排除をグローバルに無効にするには、[重複排除] タブの [重複排除 (デルタ圧縮)] のチェックを外します。 「デルタ・タイプ」設定は、増分バックアップと差分バックアップ重複排除を切り替えます。 デルタ・ブロック・サイズは、重複排除が機能するための粒度であり、基本的には検出可能な最小の変更です。大きなサイズを使用すると、プロセスが高速化され、オーバーヘッドが削減されますが、より多くのストレージスペースが無駄になります。ブロック・サイズが小さいほどスペース効率は高くなりますが、オーバーヘッドが多くなるため、完了までに時間がかかります。 重複排除ワーカーの数は、重複排除プロセスの並列実行を制御します。複数のCPUコアが1つのファイルの重複排除できるようにすることで、大幅な速度向上を実現できます。ただし、RAM と CPU の消費量は、より多くのワーカーが配置されるにつれて大幅に増加します。 増分重複排除とは 増分重複排除は基本的なバックアップ用語であり、フル・コピーで始まり、その後に増分が続くバックアップ・チェーンを指します。増分は、現在のファイル コピーと前のバックアップ サイクルのコピーとのファイル コンテンツの比較に基づいています。したがって、連続する各インクリメントは、前のインクリメントに依存します。 利点:高速で効率的なバックアップ、インクリメントは可能な限り小さくなります。 短所: 各インクリメントは、復元時に独自のステップを必要とします。したがって、リストアには差分重複排除よりも時間がかかります。さらに、リストア時には、すべてのインクリメントと最後のフル・コピーにアクセスする必要があります。 差分重複排除とは 増分重複排除と同様に、差分重複排除はファイルの完全コピーから始まります。その後、バックアップ サイクルごとに増分が生成されますが、すべてファイルの最後に使用可能なフル コピーを参照します。増分重複排除との違いは、現在のファイル バージョンがファイルの最後の完全コピーと比較されることです。増分重複排除ではバックアップ・チェーン (フル・コピーの後に相互依存の増分が続く) が作成されますが、差分重複排除ではスター関係が作成されます。各差分は、最後の差分ではなく、最後のフル・コピーに依存します。 利点: 最後のフル・コピーと最後の差分差分のみが必要なため、リストア時間が短縮されます。したがって、復元プロセスは 1 ステップまたは最大 2 ステップのプロセスです。 短所: 最後のフル・コピーと現在のバックアップ・サイクル(通常は)の間の変更の割合が大きくなるため、差分は各バックアップ後に大きくなる傾向があります。 断続的な完全コピーを作成する理由と方法 正解も不正解もなく、あらゆる状況に合う戦略もありません。 「X サイクルごとにフル・コピーを作成する」の設定は、上記で説明した増分バックアップ戦略と差分バックアップ戦略の長所と短所のバランスをとるのに便利な救済策です。 「5」に設定すると、5 回のバックアップ サイクルごとにフル コピーが作成されます。たとえば、バックアップを毎日実行する場合、5 日目ごとに、増分差分ファイルまたは差分差分ファイルではなく、完全コピーが生成されます。 この戦略の利点は、復元する増分手順が 5 […]

ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home このセクションでは、「ディスクからイメージへのバックアップ」タスクを使用してディスク全体をバックアップ、コピー、または変換する方法について説明します。ファイル サーバーのドキュメント、仮想マシン、またはデータベースをバックアップする場合は、次のセクション 46 ページの「新しいタスクの作成」を参照してください。 用語の定義 このマニュアルでは、「変換」、「バックアップ」、およびコピーという用語を同じ意味で使用しています。物理ディスクは、他の物理ディスクまたは仮想ディスクに変換されます。変換はコピーに似ており、システム全体の復元に使用できるバックアップ・イメージ・ファイルとして使用できます。ディスクからディスクへのコピーには、ストレートコピー以外の追加の操作が含まれる場合があるため、真のコピーよりも変換のほうが簡単です。 ディスクのクローン作成 Windows では、マウントされているすべての物理ディスクに一意の識別子が必要です。したがって、ライブシステム上でディスクをコピーするには、マウントする前に「コピー」に新しい ID を割り当てる必要があります。BackupChainはこの問題を処理して、Windowsがオリジナルと「クローン」を衝突することなく共存できるようにします。ただし、BackupChainはこれを実現するためにターゲットディスク上でいくつかの変更を実行します。標準のWindowsブートローダ以外のサードパーティ製ブートローダを使用している場合、クローンディスクがWindowsオペレーティングシステムのブートディスクの場合、正しく起動しないことがあります。 はじめ 新しいディスクバックアップタスクを作成するには、メインウィンドウから[新しいタスク]をクリックし、[ディスクからイメージバックアップへ]を選択してタスク名を入力します。 次に、「次のステップ」をクリックして、表示されるさまざまな役立つヒントを読んでください。次に、もう一度[次へ]をクリックして次の画面に移動します。 上記の画面では、バックアップの種類(上記で「ディスクからイメージへ」が事前に選択されています)、次に物理ソースディスクとバックアップイメージのターゲットファイルを選択する必要があります。 ディスクからイメージへのバックアップ(物理ディスクを仮想ディスクイメージにコピー) 物理ディスクを仮想ディスクにコピーすると、ディスクの内容を含むバックアップファイルが作成されます。 後でできます 仮想ディスクを物理ディスクにコピーして、マシンを復元します。 仮想ディスクをマウントしてファイルとフォルダ(Windowsディスクの管理によるVHDとVHDX)を抽出するか、BackupChainの詳細なリストアツール(ディスクツール – >ディスクイメージと仮想ディスクの参照)を使用してすべてのフォーマットに対応します。 「ダミー」VMを作成し、仮想ディスクを仮想IDEコントローラに接続して、仮想ディスクをVMとしてすぐに起動します。 [選択]ボタンをクリックして、サーバにインストールされているすべてのディスクから選択します。 BackupChainは、rawディスク、ベーシックディスクとダイナミックディスク(用語の定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb726994.aspx を参照)、GPTおよびMBRパーティションレイアウトをサポートしています。 ソースディスクを選択したら、「OK」をクリックします。選択内容がバックアップ/変換ステップに表示されます。 注: ダイナミック物理ディスクは、[Add Disk] ボタンを使用して上記の画面にディスクを追加して、すべての結合を 1 つのステップで変換する必要があります。Windows のダイナミック ディスク (仮想ディスクの拡張と混同しないように、定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc737048 を参照してください) では、複数のディスクにまたがるスパン、ストライプ、およびミラー化されたボリュームを使用できます。これらのディスクをイメージ化する場合は、同時に変換するすべてのディスクを選択する必要があります。「ディスクの追加」ボタンをクリックして、追加の変換ステップ(ディスクなど)を追加できます。各ディスクは、独自の仮想ディスクまたは物理ディスクターゲットに変換されます。 ターゲット・ファイルの指定 作成する仮想ディスクへの完全なファイルパスを入力するか、[参照]をクリックしてターゲットファイルの場所またはネットワークの場所を選択します。次の例では、Z:\backup-vhds\servermaindisk.vhd にバックアップします。 「参照」をクリックして、ローカルディスクパスまたはネットワーク共有に保存できるターゲットイメージファイルを指定します。 ターゲットフォルダを選択すると、「ターゲットファイル」フィールドに選択内容が表示されます。 ターゲットファイルの下には、いくつかのオプションが表示されます。最初の行はターゲット形式 (VHD、VHDX、VMDK、および VDI) です。2TB を超えるディスクをサポートする唯一の形式は VHDX です。バックアップ […]

仮想マシンから物理サーバーへの変換 (V2P)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 前のセクション「ディスクの復元: 仮想ディスクを物理ディスクにコピーする (V2P)」で示した手順に従って、仮想ディスクの内容を物理ディスクにコピーします。 注: VM を物理サーバーに変換する目的で仮想マシンの仮想ディスクを物理ディスクに変換する場合は、まずディスクを IDE コントローラーに接続してみてください。Windowsが起動したら、マシンに必要なRAIDドライバやその他のドライバをインストールできます。次に、必要に応じて、もう一方のドライブコントローラに接続します。 注: BIOS ブート設定を確認してください。物理マシンでディスクを起動するには、RAID モードと AHCI モードをオフにして IDE に切り替える必要がある場合があります。 場合によっては、メインメニューのディスクツール – >VMとして起動するディスクの準備 – >ハードドライブを選択してOK]をクリックして、物理ディスク上で「VMとして起動するディスクの準備」ツールを実行する必要があります。 役に立つヒント: 仮想ディスクから作成した物理マシンが起動に失敗し、BSOD エラーが発生した場合は、仮想 IDE コントローラーに接続された物理ディスクを使用して、VMware ワークステーション/プレーヤー、VirtualBox、または Hyper-V でダミー仮想マシンを作成してみてください。古いバージョンのWindowsでは、これはWindowsが独自のドライバを適切に更新するセーフモードをロードするのに役立ちます。新しいバージョンの Windows (7 または Server 2008 以降) では、これはおそらく必要ありません。また、セーフモードに入ると、VMwareツールまたはHyper-V統合サービスをアンインストールでき、必要に応じてターゲットマザーボードに付属のハードウェアドライバをインストールできます。 新しいハードウェアで起動するときにブルースクリーンを防ぐためのヒント 物理ディスクが VM で起動したら、Windows ユーティリティ sysprep を ‘generalize’ オプションと共に使用して、Windows を新しいハードウェア用に準備する (再シールをクリック) という別のオプションがあります。sysprep […]

クラスター共有ボリュームのバックアップと復元に関する考慮事項

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home クラスター共有ボリュームのバックアップは、BackupChain Server Edition および Server Enterprise Edition で完全にサポートされています。 サーバー・ネットワークのバランスを保つために、読み取りおよび書き込み入出力速度を制限するか、バックアップ・トラフィックに別々のネットワーク・アダプターを使用することをお勧めします。 使用しているiSCSIサービスによっては、バックアップタスクを正常に開始するために、iSCSIプロバイダサービスのドメイン管理者アカウントを使用する必要がある場合があります。 VSS エンゲージメント (推奨されるバックアップ方法) を使用したライブ バックアップでは、バックアップする VM を実際にホストするクラスター ノードで BackupChain を実行する必要があります。ファイルベースのアプローチ(前のセクションで説明した)を使用して別のノードから仮想マシンをバックアップすることもできますが、そのアプローチは「遠くから」VSSを伴わないため、クラッシュコンシステントなライブバックアップしか提供されません。クラッシュ コンシステント バックアップは、物理マシンの停電イベントに似ています。ほとんどの運用グレードのアプリケーションは、SQL Server データベース サーバーなど、データを失うことなく電力損失イベントを処理できます。VM にバックアップ イベントを内部的に通知するアプリケーション整合性のとれたライブ バックアップを実現するには、バックアップする仮想マシンをホストするノードと同じノードでバックアップを実行する必要があります。アプリケーション整合性のあるバックアップにはVSS統合が必要であり、この統合はVMのホストからのみ管理できます。データベース サービスや Exchange などの VSS 対応アプリケーションは、ライブ バックアップの準備、キャッシュのフラッシュ、バックアップの開始前にファイル ストアの一貫性のある状態にします。 VM がホストを切り替えるとライブ バックアップを処理できないため、バックアップの実行中にライブ マイグレーションを実行しないでください。また、仮想マシンを新しいホストに再割り当てするときに、新しいクラスター ノードで BackupChain を構成する必要があります ([Hyper-V] タブ テーブルで [VM] を選択するか、[VM の自動選択] […]