Windows 11 PCでHyper-Vバックアップを実現するBackupChainプロフェッショナル版

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 次の記事では、Windows 11、Windows 10、および Windows 8 の上に Hyper-V で実行されている VM のバックアップについて説明します。以下に示す手順は、Windows Server および Windows PC 向けの Hyper-V バックアップ ソリューションである BackupChain の®スクリーンショットです。 ステップバイステップのバックアップ手順 Windows 11 で BackupChain のサーバー エディションを使用し、前のセクションで説明した自動 Hyper-V バックアップ機能を使用することは可能です。ただし、開発やテストなどの一般的なPCの使用のために、プロフェッショナルエディションは、仕事をうまく完了するための幅広い機能を提供します。 ライブ仮想マシンをバックアップできるのは、仮想マシンがローカルに保存されている場合のみであることに注意してください。ライブ・バックアップはネットワーク上では機能しません(SANおよびCSVバックアップは例外です)。つまり、別のサーバーに保存されている VM をプルすることはできません。ライブでバックアップするには、VM がローカルで実行されている必要があります。ただし、オフライン バックアップ (VM がシャットダウンされている場合) は、UNC パス経由でアクセスする場合はネットワーク経由で動作します。 新規バックアップウィザードを開き、[新規タスク] ボタンを使用して新しい「Hyper-V バックアップ (クライアント)」タスクを作成します: 2. 仮想マシンファイル (VHD、仮想マシンおよびスナップショットフォルダ) を含むフォルダを選択します 注: ネットワーク経由でファイルをプルすることはできません。ライブ バックアップを機能させるには、VM をローカルまたは […]

バックアップ・チェーン・バックアップ・ソフトウェアの概念

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home コンピューターで重要なデータを処理して保存する場合は、データのバックアップに関連する次の概念に注意することが重要です。 セクタレベルのディスクバックアップ vs. ファイルバックアップ vs. 仮想マシンバックアップ セクタレベルのディスクバックアップは、ディスク全体を別のディスク、仮想ディスク、またはコンテナファイルにコピーするプロセスです。ディスクバックアップは、ディスクの内容を認識する必要はありません。ディスクバックアップは、ディスクのセクタごとのコピーであり、隠し領域、暗号化されたファイル、ファイルの断片化など、ディスクに保存されている可能性のあるものが含まれます。 ファイル・バックアップは、バックアップ・アプリケーションが各ファイルまたは文書を別々に処理するプロセスです。ファイル バックアップには、ドキュメントの履歴全体を復元できるファイルのバージョン管理など、ディスク バックアップに比べて多くの利点があります。さらに、ファイルのバックアップを調整して、バックアップ内の変更されていないファイルや不要なファイルをすばやくスキップできます。BackupChainは、ファイル拡張子に応じて、各タイプのファイルの処理方法(圧縮、暗号化、重複排除、ファイル履歴の長さ、クリーンアップなど)を変更する方法も提供します。 ディスクバックアップは、Windowsオペレーティングシステム全体のバックアップを取るのに便利ですが、ファイルバックアップの代替として推奨されません。同様に、ファイルのバックアップだけでは、Windowsオペレーティングシステムを復元することはできません。したがって、ほとんどのIT管理者はハイブリッドバックアップ戦略を選択しました:サーバーまたはPCがすべてのアプリケーションで完全にインストールされている場合、およびその後はおそらく年に1〜2回、セクタレベルのディスクバックアップ。一方、ファイルバックアップは、損失を避けるために、すべての重要なドキュメントが必要な頻度でバックアップされるようにするために利用されます。ファイル バックアップは、ファイル サーバー構造の変更されていない部分をすべてすばやくスキップするため、サーバーのサービス品質に影響を与えたり、バックアップ ストレージを過剰に消費したりすることなく、1 日に数回実行できます。 仮想マシンのバックアップは、仮想マシンのバックアップがホスト上の仮想マシンを中断したり干渉したりすることなく、ホストから取得される特殊なバックアップ プロセスです。仮想マシンのバックアップ プロセスは、仮想化プラットフォーム (Hyper-V など) と通信して、バックアップ前に VM を一貫性のある状態にします。次に、関連するすべての VM ファイルの一貫したファイル バックアップを作成し、圧縮、暗号化、または重複排除を行います。 圧縮 圧縮は、ファイルの内容内の反復パターンに基づいてファイルのサイズを縮小する方法です。たとえば、Microsoft Word 文書内で特定の単語が何度も繰り返されると、圧縮プログラムは各単語をはるかに短いコードに置き換えます。 一部の種類のファイルには、通常、繰り返しパターンが含まれていません。たとえば、WAV、AVI、MP3、およびその他のメディアまたは音楽ファイルは、コンテンツがランダムで反復的ではないため、通常は圧縮できません。 一方、テキストファイル、プログラムファイル、データベース、および仮想マシンイメージファイルには、通常、空白領域の大部分と繰り返しブロックが含まれています。したがって、このようなファイルを圧縮することをお勧めします。 BackupChainバックアップソフトウェアにはさまざまなプリセットが同梱されているため、ファイルの種類に応じて圧縮のオンとオフを自動的に切り替えることができます。ただし、構成を変更し、特定のファイルタイプを圧縮するかどうかを自分で決定します。 暗号化 暗号化は、データを認識できないポイントまで「ランダム化」する方法です。対称サイファーは、同じパスワードと方法を使用して情報を暗号化および復号化するプログラムです。ファイルを暗号化することにした場合、BackupChainはAES256対称サイファーを使用してファイルを暗号化します。AESは、データセキュリティのためのオープンな国際業界標準であり、暗号化のための最も安全で効率的なアルゴリズムの1つと考えられています(詳細については、http://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_Encryption_Standard を参照してください)。AES256 は HIPAA にも準拠しています。 パスワードがなければ、暗号化されたファイルを回復することは通常不可能です。したがって、パスワードを忘れた場合、バックアップファイルを復元する方法はありません。 重複排除 (デルタ圧縮) 重複排除 (デルタ圧縮とも呼ばれます) は、ファイルを以前の内容と比較する方法です。たとえば、増分日次ファイル バックアップが生成された場合、BackupChain は昨日のコピーと今日のファイルの内容を比較して、実際の相違点を見つけます。次に、変更のみを含むデルタ ファイルが生成されます。 差分差分は、現在と最初に作成されたバックアップ […]

ファイルの種類に応じたバックアップ構成(ファイルのバージョン管理/クリーンアップタブ)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainには、[ファイルのバージョン管理/クリーンアップ]タブにある優れた構成機能が含まれています。 バックアップを微調整し、各ファイルのファイルタイプに応じて異なる設定を構成できます。 たとえば、ヘビー級*を扱いたい場合があります。DB ファイルは、Microsoft Word 文書とは異なる *.DOCX。 重複排除をオフにし、期間制限を設定した 2 番目の例: 重要な注意点: *.* は、表の別の行で別途定義されていない限り、すべてのファイルに適用されるため、キャッチオール構成です。警告: *.* 定義を含む行を削除すると、BackupChain はこの表にリストされているファイルタイプのみを処理し、他のすべてのタイプのファイルをスキップします。 [ファイルのバージョン管理/クリーンアップ] タブでは、ファイルの種類ごとに次の設定を制御できます。 最小ファイルバージョン数 圧縮 最小ファイル経過時間 重複 排除 遅延削除期間 アーカイブ期間 バックアップ数の制限 (ファイル バージョン履歴) 以前の「バックアップ数」設定の「最小ファイルバージョン数」は、自動クリーンアッププロセスを制御します。上記の 10 の例では、最新のバックアップ用のスペースを確保するために、そのファイルの最も古いバックアップが削除される前に、ファイルが 10 回バックアップされます。たとえば、ImportantDocument.doc が 1 時間ごとに編集され、BackupChain がこのドキュメントをバックアップするために夜間に実行されるように構成されているとします。 最小ファイルバージョン数を10に設定すると、BackupChainは夜間に実行されるため、ファイルバージョン履歴が最大10日間さかのぼります。BackupChainが1時間ごとに実行された場合、履歴はわずか10時間しかさかのぼりません。したがって、最小ファイル バージョン数の制限は、バックアップが取られる頻度によって異なります。この制限を使用すると、バックアップフォルダ内のそのファイルに対する少なくとも最後の10の変更があることがわかります。 ファイルは、変更が発生した場合にのみバックアップされることに注意してください。したがって、バックアップが100回実行されてもファイルが変更されていない場合でも、バックアップフォルダには1つのファイルバージョンしか表示されません。 または、「バックアップなし」と入力して、ファイルの種類を除外することもできます。 または、ALL と入力して、すべてのファイルリビジョンを保持することもできます。 ファイルのバージョン管理/クリーンアップテーブルを編集しようとすると、ドロップダウンボックスにこれら2つのエントリが表示されます。 データ圧縮の有効化/無効化 データ圧縮は、ほとんどの種類のファイル、特にテキストファイル、Word文書、Excelシート、データベース、およびプログラムファイルに役立ちます。ただし、メディアファイル、音楽ファイル、ビデオ、暗号化されたファイル、およびその他のデジタル記録されたデータなど、その性質上圧縮されない特定のファイルタイプがあります。 上記の例では、*.db種類のファイルは圧縮され、最大3ヶ月間保持され(3ヶ月後には、オリジナルがまだ存在していてもバックアップファイルは削除されます)、オリジナルが削除されると15日後に削除されますが、他のすべてのファイル(*.*)は、オリジナルが削除された後でも永久に圧縮および保持されます。 最小ファイル経過時間 BackupChainは、バックアップストアに存在しない新しいファイルを見つけると、すぐにバックアップします。 […]

新しいパスまたは元の場所への自動 Hyper-V 復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home シングルクリックバックアップ&リストアを使用してリストアするには、バックアップタスクリストからバックアップタスクを選択し(新しいマシンでのリストアを除く)、メインメニューからリストアを選択します。ファイルとフォルダの復元に進みます。 次に、バックアップ場所の詳細を入力する必要があります。この情報は通常、タスク設定で事前設定されています。 手記:この手順では、ルートフォルダを選択する必要があります。 Windows エクスプローラでフォルダを開くと、ルート フォルダは次のようになります。 C_ フォルダー (C: ドライブ用) と BackupChain.config ファイルに注目してください。これらのファイルは、復元操作に必要です。 続行して[OK]をクリックすると、[復元ポイントの選択]画面が開きます。 すべてのバックアップ復元ポイントが読み取られている間、画面が更新され、完全に復元可能な最も古い VM バックアップ (上のオレンジ色で表示) が表示されます。以前のバックアップは、バックアップ設定によっては、部分的に復元できる場合があります。右側には、選択した日時に、バックアップが成功し、バックアップフォルダ内のすべてのファイルが見つかったときに「(完了)」と表示されます。 復元ポイントを選択して続行してください。仮想マシンの選択画面で、復元する仮想マシンを選択し、[完全復元] オプションを選択したままにします。仮想マシンのサブセット (フォルダーやファイルなど) のみを VM 内から復元する場合は、[詳細な復元] を選択する必要があります。注: 詳細な復元は、BackupChain Server Enterprise Edition でのみ使用できます。 ケース #1: 元の場所に復元し、VM に元の ID を持たせたいと考えています。 重要な注意: 元の VM ID を復元する場合は、続行する前に元の VM を手動で削除する必要があります。VM クローンは、元のクローンと並べて復元できます (下記のケース #2 を参照)。 […]

自動化されたシングルクリック Hyper-V バックアップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home Hyper-V の自動シングル クリック バックアップと復元機能は、労力を軽減し、前のセクションで概説したすべての手順を処理します。 バックアップウィザードから始めます。 1.新しい Hyper-V バックアップ (サーバー) タスクを作成します。 2.自動Hyper-Vバックアップを選択し、クラスター共有ボリュームを使用している場合はCSVモードをオンにします。 3.次に、リストからVMを選択するか、自動選択機能を使用できます(オプションが[リストからVMを選択する]にチェックされていることに注意してください)。 または、サーバーエンタープライズエディション以上で「自動VM選択」を使用することもできます。 上記の画面では、すべての VM を自動的にバックアップする場合は、追加の構成は必要ありません。名前に基づいて包含フィルターと除外フィルターを指定できます。 たとえば、会社で次の命名規則を設定できます。VM 名に ‘Production’ という単語が含まれている場合、それは運用 VM であり、常にバックアップされます。その場合は、上記の包含フィルタとしてプロダクションという言葉を追加します。 または、次のように動作するように除外フィルターを定義することもできます: “テスト” または “バックアップしない” という単語を使用するすべての VM をスキップするとします。次に、引用符を入力せずに、テスト用と「バックアップしない」の2行で除外フィルタを定義します。 「レプリカ VM をバックアップしない」オプションを使用すると、レプリカ VM のバックアップができなくなります。これは、レプリカ ターゲット VM で既に個別にバックアップを行っていて、サーバーの負荷を最小限に抑えたい場合に便利です。 「VM を待つ」オプションは、VM を並列にバックアップできない状況をカバーするために用意されています。VM のアプリケーション整合性のとれたバックアップを取得するには、VM 内のサービスが参加する必要があることに注意してください。一部のサービスでは、内部データ構造内に排他ロックがかけられ、並列同時バックアップの実行が妨げられる場合があります。したがって、wait オプションは、VM がバックアップされていることを認識し、VM が完了するのを待ってから続行します。 注:「シャットダウンされたVMをバックアップしない」オプションは、データ損失につながる可能性があります。実行中に VM が常にバックアップされるケースを考えてみましょう。ある時点でシャットダウンされ、バックアップにその […]

バックアップタスクへの個々のファイルの追加

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home フォルダ全体をバックアップする必要がない場合は、単一のファイルのみをバックアップするようにBackupChainに指示できます。 フォルダと同様に、バックアップする選択肢があります。 ローカルファイル。 ネットワーク共有にあるファイル。 仮想マシンのディスクファイル内に格納されているファイル。 ローカルファイルの追加 [ファイル]タブに移動して、バックアップする個々のファイルを選択します。 「ファイルの追加」ボタンをクリックし、「ローカルファイルの追加」をクリックして、バックアップする単一のローカルファイルを選択します。   バックアップタスクへの個々のネットワークファイルの追加   ネットワーク共有上の個々のファイルも選択できます。[ファイルの追加]と[ネットワークファイルの追加]をクリックすると、BackupChainは前のセクションで説明した標準のネットワーク接続画面を表示し、その後にファイル選択画面が表示されます。 UNC パスとユーザー名とパスワードを入力した後、[参照] ボタンを使用できます。上記の例では、ドメイン名にユーザー名の接頭辞が付いていることに注意してください。また、ドメイン内のサーバーをアドレス指定するには、cluster2.fastneuron (fastneuron はドメイン名、cluster2 はサーバー名) という形式を使用することもできます。または、静的であれば、サーバーのIPアドレスを入力することもできます。 「OK」をクリックすると、ファイル選択画面が開き、ネットワークファイルを選択して選択プロセスを完了できます。 仮想マシン内に格納されたファイルをバックアップタスクに追加する(きめ細かなバックアップ) BackupChainの優れた機能は、グラニュラーバックアップであり、グラニュラーリストアと同じくらい便利ですが、リストアプロセスではなくバックアップレベルで動作します。きめ細かいバックアップを使用すると、仮想マシン全体をバックアップしたり、プロセスに干渉したりすることなく、仮想マシン内に保存されているファイルのライブバックアップを作成できます。さらに、仮想マシン内にソフトウェアをインストールする必要はありません。注: この機能は、BackupChain Server Enterprise Edition および Platinum Edition でのみ使用できます。 「ファイルの追加」を選択し、「仮想マシン内に保存されているファイルを追加」をクリックします。 「参照」を入力またはクリックして、仮想マシン・ファイルを選択します。 [次のステップ]をクリックして仮想マシンのファイルブラウザを開き、バックアップするファイルを選択します。  

バックアップタスクへのHyper-V仮想マシンの追加

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home Hyper-V の役割がインストールされている Windows Server 2008 – Windows Server 2022、または Hyper-V Server 2008 R2 / 2012 / 2016 / 2019 または Windows Core のインストールでは、BackupChain の [Hyper-V] タブを使用して Hyper-V 仮想マシンをバックアップできます。 [Hyper-V] タブは、BackupChain Professional Edition では使用できません。ただし、Hyper-V またはその他の仮想化プラットフォームを使用する Windows 11 – 8 PC では、以下に示すように完全な機能セットを含む PC 用サーバー エンタープライズ エディションを使用できます。 [Hyper-V] タブ内には 2 つの主要なセクションがあり、提供されている選択モードが異なります。手動で「リストからVMを選択する」か、「VMの自動選択」機能を使用できます。 […]