ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English.

Download BackupChain® BackupChain Home

このセクションでは、「ディスクからイメージへのバックアップ」タスクを使用してディスク全体をバックアップ、コピー、または変換する方法について説明します。ファイル サーバーのドキュメント、仮想マシン、またはデータベースをバックアップする場合は、次のセクション 46 ページの「新しいタスクの作成」を参照してください。

用語の定義

このマニュアルでは、「変換」、「バックアップ」、およびコピーという用語を同じ意味で使用しています。物理ディスクは、他の物理ディスクまたは仮想ディスクに変換されます。変換はコピーに似ており、システム全体の復元に使用できるバックアップ・イメージ・ファイルとして使用できます。ディスクからディスクへのコピーには、ストレートコピー以外の追加の操作が含まれる場合があるため、真のコピーよりも変換のほうが簡単です。

ディスクのクローン作成

Windows では、マウントされているすべての物理ディスクに一意の識別子が必要です。したがって、ライブシステム上でディスクをコピーするには、マウントする前に「コピー」に新しい ID を割り当てる必要があります。BackupChainはこの問題を処理して、Windowsがオリジナルと「クローン」を衝突することなく共存できるようにします。ただし、BackupChainはこれを実現するためにターゲットディスク上でいくつかの変更を実行します。標準のWindowsブートローダ以外のサードパーティ製ブートローダを使用している場合、クローンディスクがWindowsオペレーティングシステムのブートディスクの場合、正しく起動しないことがあります。

はじめ

新しいディスクバックアップタスクを作成するには、メインウィンドウから[新しいタスク]をクリックし、[ディスクからイメージバックアップへ]を選択してタスク名を入力します。

次に、「次のステップ」をクリックして、表示されるさまざまな役立つヒントを読んでください。次に、もう一度[次へ]をクリックして次の画面に移動します。

上記の画面では、バックアップの種類(上記で「ディスクからイメージへ」が事前に選択されています)、次に物理ソースディスクとバックアップイメージのターゲットファイルを選択する必要があります。

ディスクからイメージへのバックアップ(物理ディスクを仮想ディスクイメージにコピー)

物理ディスクを仮想ディスクにコピーすると、ディスクの内容を含むバックアップファイルが作成されます。

後でできます

仮想ディスクを物理ディスクにコピーして、マシンを復元します。
仮想ディスクをマウントしてファイルとフォルダ(Windowsディスクの管理によるVHDとVHDX)を抽出するか、BackupChainの詳細なリストアツール(ディスクツール – >ディスクイメージと仮想ディスクの参照)を使用してすべてのフォーマットに対応します。

「ダミー」VMを作成し、仮想ディスクを仮想IDEコントローラに接続して、仮想ディスクをVMとしてすぐに起動します。

[選択]ボタンをクリックして、サーバにインストールされているすべてのディスクから選択します。

BackupChainは、rawディスク、ベーシックディスクとダイナミックディスク(用語の定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb726994.aspx を参照)、GPTおよびMBRパーティションレイアウトをサポートしています。

ソースディスクを選択したら、「OK」をクリックします。選択内容がバックアップ/変換ステップに表示されます。

: ダイナミック物理ディスクは、[Add Disk] ボタンを使用して上記の画面にディスクを追加して、すべての結合を 1 つのステップで変換する必要があります。Windows のダイナミック ディスク (仮想ディスクの拡張と混同しないように、定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc737048 を参照してください) では、複数のディスクにまたがるスパン、ストライプ、およびミラー化されたボリュームを使用できます。これらのディスクをイメージ化する場合は、同時に変換するすべてのディスクを選択する必要があります。「ディスクの追加」ボタンをクリックして、追加の変換ステップ(ディスクなど)を追加できます。各ディスクは、独自の仮想ディスクまたは物理ディスクターゲットに変換されます。

ターゲット・ファイルの指定

作成する仮想ディスクへの完全なファイルパスを入力するか、[参照]をクリックしてターゲットファイルの場所またはネットワークの場所を選択します。次の例では、Z:\backup-vhds\servermaindisk.vhd にバックアップします。

「参照」をクリックして、ローカルディスクパスまたはネットワーク共有に保存できるターゲットイメージファイルを指定します。

ターゲットフォルダを選択すると、「ターゲットファイル」フィールドに選択内容が表示されます。

ターゲットファイルの下には、いくつかのオプションが表示されます。最初の行はターゲット形式 (VHD、VHDX、VMDK、および VDI) です。2TB を超えるディスクをサポートする唯一の形式は VHDX です。バックアップ ファイルを使用してイメージを仮想マシンとして起動する場合は、VHD と VHDX を Hyper-V で使用でき、VHDX を除くすべての形式が VirtualBox で動作する必要があることに注意してください。VMware Workstation と Player は VMDK と VHD を処理できますが、ESX/vSphere の場合は VMDK が必要です。

上記の画面では、仮想ディスク形式 (VHD、VHDX、VMDK、および VDI) と、事前に割り当てられた固定サイズの仮想ディスクと動的に拡張される仮想ディスクのどちらを使用するか、少なくとも 2 つの選択肢が必要です。

動的に拡張される仮想ディスクは、物理ディスクで実際に占有されているデータボリュームのみを保持するため、元のディスクよりも小さくなります。たとえば、物理ディスクが 2 TB で、占有されているのが 100 GB だけの場合、バックアップの完了後も仮想ディスクは約 100 GB に増加します。

仮想ディスクターゲットタイプの選択

ソースディスク (物理ハードディスク) が 2 TB 以下の場合は、任意の仮想ディスクタイプを選択できます。ただし、ディスクが 2 TB を超える場合は、VHDX のみを使用できます。

VHD は、Hyper-V および一部のバージョンの VMware Workstation および VirtualBox で使用できることに注意してください。VHD は、Windows 7 および Windows Server 2008 以降にマウントできます。

この記事の執筆時点では、VHDX は Hyper-V でのみ使用でき、Windows 8 または Windows Server 2012 以降ではディスクとしてマウントできます。

VMDK は、VMware Workstation および ESX で使用できます。ヴイエムウェアは、VMDK をディスクとして Windows にマウントするためのツールを提供しています。

VDI は VirtualBox で使用できます。

すべてのフォーマットをBackupChainで開くと、メインメニューのディスクツール – >ディスクイメージと仮想ディスクの参照]から詳細な復元を行うことができます。そこでは、ディスク全体を復元せずに個々のファイルやフォルダを復元/抽出できます。

物理ディスクから物理ディスクへのコピー (ディスクからディスクへ: セクタ レベルのコピー)

物理ディスクのコピーを使用すると、ハードドライブのコピーにすぐにアクセスできます。

使用例:

RAID アレイディスクの内容を 1 つのディスクにコピーし、必要に応じて (Windows ディスクの管理を使用して) 接続またはオンラインにすることができます。または、ディスクはいつでも別のサーバーに接続できます。

システム ディスクまたはデータ ディスクを別のディスクにコピーします。RAIDとは異なり、ウイルス攻撃や偶発的な削除の場合に反応する時間があります。また、ディスクをオフラインにしたり、サーバーから物理的に取り外したりして、安全性とセキュリティを強化することもできます。

複数のディスクを別のディスク・セットにコピーして、現在のサーバの完全なクローンを作成します。

ネットワーク経由での物理ディスクからディスクへのバックアップ: 別のサーバーに VHD を作成し、ネットワーク共有を使用して共有します。バックアップを実行する予定の別のサーバーに VHD をマウントします。ディスクが「実際の」物理ディスクとして表示されるようになりました。BackupChain で物理ディスクからディスクへのコピー タスクを作成して、各ディスクを独自のターゲット ディスクにコピーします。障害が発生した場合、ディスクは他のサーバーまたはネットワーク上の他のサーバー上ですぐにアクセスできます。VHD は、必要に応じて VM に接続 (およびブート) することも、ディスクの管理を使用して任意のコンピューターに接続することもできます。

ある物理ディスクを別の物理ディスクにコピーするには、次に示すように、[ディスクイメージング]タブ画面で[ディスクからディスクへ:セクタレベルで物理ディスクを物理ディスクにコピー]を選択します。

次に、「選択」をクリックしてターゲット物理ディスクを選択します。

ターゲットディスクは、バックアップタスクの実行時に削除されることに注意してください。

ターゲットディスクは、元のディスクより大きいか、同じサイズである必要があります。Windows ディスクの管理を使用して Windows (VHD または VHDX) にマウントされた仮想ディスクは、ターゲットまたはソース ディスクとしても使用できます。

手記: ブート設定が「正しい」ディスクからのブートを強制するように構成されていることを確認してください。サーバに複数のブータブルディスクがあると、次回起動したときにBIOSが「間違った」ディスクを使用する可能性があり、それらがクローンである場合、それらを元のディスクと混同するのは簡単です。

ディスクからディスクへのライブ・バックアップに関する重要なお知らせ

1 つの物理ディスクを別のライブ ディスクに直接コピーする場合 (Windows の実行中)、BackupChain は、両方のディスクを並べてマウントした状態で Windows が正しく機能し、起動できるようにするために、コピー先ディスクを変更する必要があります。たとえば、BackupChainは、すべてのオペレーティング・システムが各ディスクに一意の識別子を持つことを期待しているため、問題を回避するために、デスティネーション・ディスクに新しいIDを割り当てる必要があります。さらに、コピーしたディスクを元のディスクと同じようにブート可能にするために、ターゲットディスクのブートローダを変更する必要があります。バックアップチェーンは、Windowsブートローダのみを処理できます。別のブートローダ製品またはオペレーティングシステムを使用している場合は、新しいディスクIDで動作するようにブート設定を編集する必要があります。

物理ディスクのコピーを取り出して別の場所で起動する場合は、BIOS がバックアップが作成された元のサーバーと同じブート設定 (EFI / UEFI またはレガシー) に設定されていることを確認します。また、最初にセーフモードで起動して、必要に応じて重要な起動関連ドライブを切り替える機会をWindowsに提供するのにも役立ちます。さらに、BackupChainツール「VMとして起動するためのディスクの準備」(メインメニューのディスクツール)を実行し、まったく新しいハードウェアで起動しようとする前に起動設定を変更することもできます。可能であれば、最初にIDE / SATAポートを使用して起動してみてください。Windowsが起動したら、必要に応じてRAIDドライバをインストールし、ディスクをRAIDコントローラに接続できます。

古い仮想ディスクバックアップの自動クリーンアップ

タスクを保存すると、メイン画面に新しいタブ「イメージングオプション」が表示されます。

上記の画面には、下部に「保持するディスクバックアップ= 3」というフィールドがあり、保持するバックアップファイルの数を指定できます。上記の「3」は、BackupChainによって作成された最後の3つの仮想ディスクバックアップファイルを保持することを意味します。その後、最も古いバックアップファイルは、成功した各バックアップサイクルの終了時に削除されます。この番号を変更するか、ALL と入力して、すべての仮想ディスクを作成したままにすることができます。作成される各仮想ディスクは非常に大きくなるため、使用可能なバックアップストレージのサイズに応じて、作成される仮想ディスクの数を制限する必要があります。

ここでBackupChainには、「バックアップ前にバックアップバージョン履歴をクリーンアップする」という追加オプションが含まれているため、バックアップローテーションまたは複数のバックアップターゲットを使用している場合を除き、推奨されません。既定では、BackupChain は、バックアップ サイクルが正常に完了した後に最も古いバックアップ ファイルを削除します。これは、復元する適切なバックアップが常に少なくとも 1 つあることを確認するためです。特定の状況では、バックアップの記憶域が非常に限られており、別のメディアに別のバックアップがある場合など、最新のバックアップを配置する前に最も古いバックアップを削除することをお勧めします。ただし、このオプションを使用すると、バックアップが停止または失敗した場合に復元するバックアップがなくなる可能性があることに注意してください。

複数のディスクを同時にバックアップする

「ディスクの追加」ボタンを使用して、必要に応じて「バックアップ/変換」ステップを追加します。1 つのサービスが複数のハード ドライブにアクセスしている複数のハード ドライブを搭載したサーバーがある場合は、すべてのディスクを同時にバックアップする必要があります。たとえば、SQL Server では、システム ディスクとディスク #2 を使用して、データベース レコードの大部分を格納することができます。その場合は、ディスク#0(それがシステムディスクであると仮定して)を選択し、[ディスクの追加]をクリックし、新しいセクションでソースとして[ディスク#2]を選択します。

複数のディスクを同時にバックアップすると、バックアップは時間の整合性が保たれ、結果として得られる仮想ディスクのバックアップファイルは、すべてのディスクの同じ時点でバックアップが作成されたため、互いに一貫性があります。

自動クリーンアップ

上記のターゲットディスクが仮想ディスクで、このバックアップを繰り返し実行する場合、BackupChainには自動クリーンアップメカニズムが用意されています。詳細については、38 ページを参照してください。

 

Backup Software Overview

The Best Backup Software in 2022
Download BackupChain®

BackupChain Backup Software is the all-in-one Windows Server backup solution and includes:
Server Backup
Disk Image Backup
Drive Cloning and Disk Copy
VirtualBox Backup
VMware Backup
FTP Backup
Cloud Backup
File Server Backup
Virtual Machine Backup
Server Backup Solution

Hyper-V Backup

  • 18 Hyper-V Tips & Strategies You Need to Know
  • How to Back up Windows 10 Hyper-V VMs
  • Hyper-V Backup

    Popular

    Resources