クラスター共有ボリュームのバックアップと復元に関する考慮事項

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English.

Download BackupChain® BackupChain Home

クラスター共有ボリュームのバックアップは、BackupChain Server Edition および Server Enterprise Edition で完全にサポートされています。

サーバー・ネットワークのバランスを保つために、読み取りおよび書き込み入出力速度を制限するか、バックアップ・トラフィックに別々のネットワーク・アダプターを使用することをお勧めします。

使用しているiSCSIサービスによっては、バックアップタスクを正常に開始するために、iSCSIプロバイダサービスのドメイン管理者アカウントを使用する必要がある場合があります。

VSS エンゲージメント (推奨されるバックアップ方法) を使用したライブ バックアップでは、バックアップする VM を実際にホストするクラスター ノードで BackupChain を実行する必要があります。ファイルベースのアプローチ(前のセクションで説明した)を使用して別のノードから仮想マシンをバックアップすることもできますが、そのアプローチは「遠くから」VSSを伴わないため、クラッシュコンシステントなライブバックアップしか提供されません。クラッシュ コンシステント バックアップは、物理マシンの停電イベントに似ています。ほとんどの運用グレードのアプリケーションは、SQL Server データベース サーバーなど、データを失うことなく電力損失イベントを処理できます。VM にバックアップ イベントを内部的に通知するアプリケーション整合性のとれたライブ バックアップを実現するには、バックアップする仮想マシンをホストするノードと同じノードでバックアップを実行する必要があります。アプリケーション整合性のあるバックアップにはVSS統合が必要であり、この統合はVMのホストからのみ管理できます。データベース サービスや Exchange などの VSS 対応アプリケーションは、ライブ バックアップの準備、キャッシュのフラッシュ、バックアップの開始前にファイル ストアの一貫性のある状態にします。

VM がホストを切り替えるとライブ バックアップを処理できないため、バックアップの実行中にライブ マイグレーションを実行しないでください。また、仮想マシンを新しいホストに再割り当てするときに、新しいクラスター ノードで BackupChain を構成する必要があります ([Hyper-V] タブ テーブルで [VM] を選択するか、[VM の自動選択] 機能を使用します)。

注: 古い Windows Server (2012 年より前) オペレーティング・システムでは、CSV ではノードが同時にバックアップできないため、重複せずに CSV バックアップを実行するようにスケジュールする必要があります。

一般的なCSV特性

別のノードで実行されている VM は、SAN 上で同じストレージを共有している場合でもバックアップできません。

アプリケーションの整合性のとれたバックアップには、VM をホストするノード上でバックアップ ソフトウェアをローカルに実行する必要があります。

Windows Server 2008 および R2 の詳細

  • クラスタ共有ボリューム全体のすべてのノードに対して実行できるバックアップは 1 つだけです。

複数の VM を同時にバックアップできます。ただし、これらは同じノードで実行されている必要があります。つまり、複数のノードで同時に実行されるバックアップを重複させないでください。重複せずに実行するようにスケジュールする必要があります。

Windows Server 2012 およびそれ以降の詳細

ローカルまたは他のCSVパスをバックアップタスクに追加しないでください。

  • タスク ウィザードで Hyper-V バックアップ タスクの種類を選択する必要があります。ユニバーサル バックアップ タスクの種類を使用して CSV VM をバックアップすることはできません。

VM 移行の処理 (ライブ、手動、自動/CSV)

バージョン 4 以降、BackupChain は自動 VM 選択機能を提供します。VM の名前を標準化することで、VM をバックアップに自動的に含めたり除外したりするフィルターを定義できます。

たとえば、運用 VM のみをバックアップする場合は、VM 名に次のようなサフィックスを使用できます: Exchange_Server_Production。最後の “_Production” は、バックアップ タスクの [Hyper-V] タブの包含フィルターとして使用できるため、BackupChain はその VM を自動的に取得できます。同様に、VM Exchange_Testを呼び出し、次のテキストを含む除外フィルターを定義することで、テスト専用の VM のバックアップを回避するために除外フィルターを定義でき_Test

VM の自動選択機能を使用すると、VM の移動時にバックアップ構成を更新する必要がなくなります。[Hyper-V] タブの下部に警告オプションがあり、VM が見つからなかった場合に BC が警告をログに記録することに注意してください。これは、誤ってフィルターが正しく設定されず、VM が選択されない状況を回避するための安全機能です。メンテナンスのためにすべての VM がサーバーから移動されるなど、これが発生する可能性がある正当なシナリオがあるため、VM が必要に応じてバックアップ用に選択されていることを確認したら、その機能をオフにすることを決定できます。

 

Backup Software Overview

The Best Backup Software in 2022
Download BackupChain®

BackupChain Backup Software is the all-in-one Windows Server backup solution and includes:
Server Backup
Disk Image Backup
Drive Cloning and Disk Copy
VirtualBox Backup
VMware Backup
FTP Backup
Cloud Backup
File Server Backup
Virtual Machine Backup
Server Backup Solution

Hyper-V Backup

  • 18 Hyper-V Tips & Strategies You Need to Know
  • How to Back up Windows 10 Hyper-V VMs
  • Hyper-V Backup

    Popular

    Resources