Japanese User Guide

BackupChainは私のビジネスのために何ができますか?

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainバックアップソフトウェアは、中小企業向けに特別に設計されており、多数の構成オプションを提供しているため、バックアッププロセスとバックアップデータの特性を完全に制御できます。 データ損失のリスクを軽減 当然のことながら、バックアップソフトウェアの主な機能は、データの損失を可能な限り防ぐことです。ほとんどの形式のデータ損失は予防可能であるため、データ損失のすべての一般的なリスクを十分に理解する必要があります。 これらは、データ損失のいくつかの典型的な原因です。 火事。 嵐。 洪水。 ソフトウェアの障害とエラー (オペレーティング システムを含む)。 ユーザーによる偶発的な削除。 ハードドライブの故障:ヘッドクラッシュ、劣化などハードドライブの予想される寿命は通常2年未満です。 ウイルス、ランサムウェア、マルウェアの被害。 静電気放電。たとえば、湿度が40%未満の日やオフィスに設置されたカーペットなどです。掃除機やその他のデバイスも静的に充電することができます。コンピュータの近くにいるときは、この点に注意してください。 湿度レベルと結露。理想的なレベルは40%から60%の間に維持されるべきです。湿度が高いと結露の原因となります。ドライレベルは電子部品を損傷する可能性があります。 落雷による建物や電力線付近の外装構造物への感電。 同じオフィスや家庭で接続された電化製品の落雷や欠陥によるサージ。 水害。火災スプリンクラー、洪水、またはその他の漏れ。 温度。電子部品が過熱する可能性があるため、コンピュータを摂氏 15 度未満 (華氏 60 度) または摂氏 27 度 (華氏 80 度) を超える温度にさらさないでください。低温は結露につながる可能性があります。 メカニックショック。たとえば、ノートブックを落としたり、ハードドライブの回転中にデスクトップが誤って叩かれたりする可能性があります。 磁場。古いテレビや配線による磁界は、ハードドライブ内の敏感なプレートやマザーボード上の電子部品を損傷する可能性があります。 不完全なデータ転送。たとえば、データが新しいコンピューターにコピーされ、ユーザーは転送が完了していないことに気付かない場合があります。 データを効率的かつ経済的に保護 BackupChainを使用すると、バックアップを計画し、時間、コスト、ストレージスペース、帯域幅を節約できます。さらに、組み込みのFTPサーバおよびクライアント機能により、独自のリモート・バックアップ・システムを設定できます。 重複排除と冗長性の除去によるスペースの節約 BackupChainが提供する重複排除(デルタ圧縮)テクノロジは、ファイルレベルで増分バックアップと差分バックアップを提供し、非常に大きなファイルサイズ(>1TB)で動作するように最適化されています。 重複排除プロセスは次のように機能します: まず、圧縮されたファイル全体のコピーが生成されます。次のサイクルで、BackupChain は現在のファイルをバックアップ ストア内の以前のバージョンと比較します。変更を抽出し、増分デルタ ファイルを作成します。差分バックアップでは、常に現在のファイルとバックアップ ストア内の最新の完全コピーが比較されます。 増分バックアップ 増分バックアップは、変更されたファイルのみがバックアップされることを意味する場合もあります。BackupChain は、最後のバックアップ以降に変更されていない場合、ファイルを自動的にスキップします。増分バックアップは、デルタ圧縮とも呼ばれる「重複排除」を指すこともあります。BackupChain がファイル・ベースで重複排除を実行する方法については、前のセクションを参照してください。 […]

Posted in JP | Comments Off on BackupChainは私のビジネスのために何ができますか?

FTPサーバーバックアップのステップバイステップの手順

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainのFTPサーバを使用するか、別のFTPホストを使用するかにかかわらず、バックアップをFTPサーバに送信するために必要なのは、バックアップターゲットをFTPに選択して参照を押すことだけです。 次に、FTPサーバーにアクセスするために必要な接続の詳細を入力します。 ftp:// 接頭辞は入力せず、上記のようにIPアドレスまたはホスト名を入力するだけです。 ポート番号は、以下に別途入力します。ポート 21 は、ほとんどの FTP サーバーで使用される標準ポートです。 ユーザー名とパスワードを入力し、サーバーがそれをサポートし、独自のユーザー名を持っていない場合は、匿名アクセスに匿名を使用する必要があります。 「TLS経由で明示的なFTPを使用する」オプションは、暗号化されたFTPSをオンにして、セッションを盗聴から保護します。 サーバーの種類の選択は非常に重要です。バックアップされたバックアップチェーン FTP サーバーを使用する場合は、「バックアップチェーン FTP サーバー v4 以降」を選択します。IIS 7 以降、および NTFS ファイル システムに基づく完全に互換性のある FTP 実装の場合は、「Microsoft IIS 7 以降」を使用します。Linux をベースとする NAS サーバーがある場合、または Windows オペレーティング・システム上にない NAS サーバーがある場合は、「Linux ベースのサーバーまたは NAS」を使用してください。他のすべてのシナリオでは、「詳細設定」タブで編集できる「カスタム設定」を使用します。 「カスタム」モードの上記の画面では、プリセットを変更できます。 「Keep Aliveを使用」は、長時間の転送中に接続をアクティブに維持(回線ドロップを防ぐ)しようとする機能を有効にします。 「FTPサーバはSIZEコマンドをサポートしています」はオンにしておく必要があります。これは、SIZE コマンドをサポートしない非標準の FTP サーバーに対処するために提供されています。 「パッシブモードを使用する」は、FTPにアクセスするための推奨される方法です。FTP アクティブモードを使用する必要がある場合は、オフに切り替えますが、ファイアウォールが正しく構成されていることを確認してください。 「フルネームの文字起こし」により、BackupChainは文字をコードに音訳します。これは、さまざまなシステムでは、Windowsで有効な特定の文字がサポートされていないためです。一部のシステムでは、スペースや特殊文字 (@ […]

Posted in JP | Comments Off on FTPサーバーバックアップのステップバイステップの手順

Hyper-V で物理マシンを仮想マシン P2V に変換する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 物理サーバーを仮想マシンに変換するには、新しいディスクバックアップタスクを作成するか(29ページを参照)、ディスクコンバータツール(メインメニュー – >ディスクツール – >ディスクバックアップ&ディスクコンバータ)を使用します。 変換する必要がある物理ディスクごとに、次の変換手順を入力します。次の例では、ディスク #3 のディスクが 1 つだけあり、ドライブ文字 Z:、F:、J:、D:、および V: を保持し、全体の容量は 7.28 TB です。 [設定の編集]をクリックして、そのバックアップ手順の詳細設定を確認します。 上記の画面にアクセスするには、メインメニューからDisk Backup & Disk Converterを開くか、[新しいタスク]をクリックして新しいセクタレベルのディスクバックアップタスクを作成します。次に、上記のように「ソースは物理ディスクです」を選択し、「選択」ボタンをクリックして利用可能なすべてのディスクを表示します。 注: ダイナミック ディスクは、[ディスクの追加] ボタンを使用して上記の画面にディスクを追加して、すべての結合を 1 つのステップで変換する必要があります。Windows のダイナミック ディスク (仮想ディスクの拡張と混同しないように、定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc737048 を参照してください) では、複数のディスクにまたがるスパン、ストライプ、およびミラー化されたボリュームを使用できます。これらのディスクをイメージ化する場合は、同時に変換するすべてのディスクを選択する必要があります。「ディスクの追加」ボタンをクリックして、追加の変換ステップ(ディスクなど)を追加できます。 上記の画面には、次の 3 つの基本設定が入力されていることに注意してください。 1.バックアップタイプ:この場合は「ディスクからイメージへ」 2.ソースディスク:「ディスク#3」 3.ターゲット イメージ ファイル: “W:\temp\disk_4.vhdx” 上記の例では、物理ディスクをディスクイメージファイル “disk_4.vhdx” に変換します。VHDX 仮想ディスク形式は最大 64 TB まで拡張できますが、他のすべての形式は約 […]

Posted in JP | Comments Off on Hyper-V で物理マシンを仮想マシン P2V に変換する方法

Hyper-V 仮想マシンのバックアップと復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home Hyper-V 仮想マシンは、2 つの異なる方法を使用してバックアップできます。以下に示すすべての方法は、Windows Server および Hyper-V がインストールされている Windows PC で実行される Hyper-V バックアップ ソリューションでサポートされています。 1 つの方法は、Hyper-V のファイルとフォルダーを手動でバックアップすることです。 BackupChainは、サーバーエディションとプラチナエディションで仮想マシンをバックアップおよび復元するための完全自動的な方法も提供します。サーバー エンタープライズ以上では、Hyper-V バックアップ用の自動 VM 選択機能も提供されます。 Hyper-V ライブ バックアップの前提条件 ライブ バックアップをゲスト VM で使用できるようにするには、次のようにします。 最新の Hyper-V 統合サービスをインストールする (Windows Server 2016 より古いホストの場合) 最新の Windows 更新プログラムをホスト サーバーにインストールします。 スナップショットは実動システムには推奨されないため、使用しないでください。スナップショットを使用する場合は、メインの VHD と同じフォルダーに保存します。 Server 2008 / R2 では、スナップショットを削除すると、Hyper-V はユーザー インターフェイスから非表示になりますが、VM […]

Posted in JP | Comments Off on Hyper-V 仮想マシンのバックアップと復元

VMware仮想マシンのバックアップとリストアをステップバイステップで実行

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainは、VMware ServerやVMware Workstationなど、Microsoft Windows上で実行されているVMwareホストの仮想マシンのライブ・バックアップを実行します。現時点では、ESX と ESXi はサポートされていません。セクタレベルのディスクバックアップを使用して、VM内からESX仮想マシンをバックアップできます(それぞれの章を参照)。 製品情報については、VMwareバックアップソリューションをご確認ください。 大事な:仮想マシンのライブ バックアップを生成するには、BackupChain をホスト コンピューターで実行する必要があります。もう 1 つのオプションは、ファイル レベルのバックアップとセクタ レベルのフル ディスク バックアップを実行できる仮想マシン内で BackupChain を実行することです。次の手順は、ホストから取得したバックアップを示しています。内部にバックアップを取るには、セクタレベルのディスクバックアップと一般的なファイルバックアップのセクションを確認してください。 VMware仮想マシンのバックアップ メイン画面の [新しいタスク] をクリックして、新しい VMware バックアップ タスクを作成します。VMware バックアップ タスクを作成し、VMware 関連のファイルに対してのみ使用することをお勧めします。 この例では、C:\VmwareWorkstation にある Windows Server 2008 R2 仮想マシンをバックアップします。このフォルダーには、次のサンプルの内容が含まれています。 バックアップ用にそのフォルダーを選択します。ライブ仮想マシンをバックアップできるのは、仮想マシンがローカルに保存されている場合のみであることに注意してください。ライブ・バックアップはネットワーク上では機能しません。ただし、オフライン バックアップはネットワーク経由で機能します。 特定の VM によって使用されているフォルダーがわからない場合は、VMware でその VM の仮想ディスク設定を確認するだけです。そこにはVMDKファイルへのパスがあり、他のすべてのVM関連ファイルも保存されています。以下の例では、c:\VMwareWorkstation と、サブフォルダー内のすべての VM が自動的に含まれます。 […]

Posted in JP | Comments Off on VMware仮想マシンのバックアップとリストアをステップバイステップで実行

Windows 11 PCでHyper-Vバックアップを実現するBackupChainプロフェッショナル版

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 次の記事では、Windows 11、Windows 10、および Windows 8 の上に Hyper-V で実行されている VM のバックアップについて説明します。以下に示す手順は、Windows Server および Windows PC 向けの Hyper-V バックアップ ソリューションである BackupChain の®スクリーンショットです。 ステップバイステップのバックアップ手順 Windows 11 で BackupChain のサーバー エディションを使用し、前のセクションで説明した自動 Hyper-V バックアップ機能を使用することは可能です。ただし、開発やテストなどの一般的なPCの使用のために、プロフェッショナルエディションは、仕事をうまく完了するための幅広い機能を提供します。 ライブ仮想マシンをバックアップできるのは、仮想マシンがローカルに保存されている場合のみであることに注意してください。ライブ・バックアップはネットワーク上では機能しません(SANおよびCSVバックアップは例外です)。つまり、別のサーバーに保存されている VM をプルすることはできません。ライブでバックアップするには、VM がローカルで実行されている必要があります。ただし、オフライン バックアップ (VM がシャットダウンされている場合) は、UNC パス経由でアクセスする場合はネットワーク経由で動作します。 新規バックアップウィザードを開き、[新規タスク] ボタンを使用して新しい「Hyper-V バックアップ (クライアント)」タスクを作成します: 2. 仮想マシンファイル (VHD、仮想マシンおよびスナップショットフォルダ) を含むフォルダを選択します 注: ネットワーク経由でファイルをプルすることはできません。ライブ バックアップを機能させるには、VM をローカルまたは […]

Posted in JP | Comments Off on Windows 11 PCでHyper-Vバックアップを実現するBackupChainプロフェッショナル版

クラスター共有ボリュームのバックアップと復元に関する考慮事項

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home クラスター共有ボリュームのバックアップは、BackupChain Server Edition および Server Enterprise Edition で完全にサポートされています。 サーバー・ネットワークのバランスを保つために、読み取りおよび書き込み入出力速度を制限するか、バックアップ・トラフィックに別々のネットワーク・アダプターを使用することをお勧めします。 使用しているiSCSIサービスによっては、バックアップタスクを正常に開始するために、iSCSIプロバイダサービスのドメイン管理者アカウントを使用する必要がある場合があります。 VSS エンゲージメント (推奨されるバックアップ方法) を使用したライブ バックアップでは、バックアップする VM を実際にホストするクラスター ノードで BackupChain を実行する必要があります。ファイルベースのアプローチ(前のセクションで説明した)を使用して別のノードから仮想マシンをバックアップすることもできますが、そのアプローチは「遠くから」VSSを伴わないため、クラッシュコンシステントなライブバックアップしか提供されません。クラッシュ コンシステント バックアップは、物理マシンの停電イベントに似ています。ほとんどの運用グレードのアプリケーションは、SQL Server データベース サーバーなど、データを失うことなく電力損失イベントを処理できます。VM にバックアップ イベントを内部的に通知するアプリケーション整合性のとれたライブ バックアップを実現するには、バックアップする仮想マシンをホストするノードと同じノードでバックアップを実行する必要があります。アプリケーション整合性のあるバックアップにはVSS統合が必要であり、この統合はVMのホストからのみ管理できます。データベース サービスや Exchange などの VSS 対応アプリケーションは、ライブ バックアップの準備、キャッシュのフラッシュ、バックアップの開始前にファイル ストアの一貫性のある状態にします。 VM がホストを切り替えるとライブ バックアップを処理できないため、バックアップの実行中にライブ マイグレーションを実行しないでください。また、仮想マシンを新しいホストに再割り当てするときに、新しいクラスター ノードで BackupChain を構成する必要があります ([Hyper-V] タブ テーブルで [VM] を選択するか、[VM の自動選択] […]

Posted in JP | Comments Off on クラスター共有ボリュームのバックアップと復元に関する考慮事項

セクタレベルのディスクイメージバックアップ(P2V、V2P、P2P、V2V)とその使用方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainのセクタレベルのディスクイメージバックアップ(P2V、V2P、P2P、V2V)にはいくつかの利点があります。物理ディスクは、物理ディスクまたは仮想ディスクのいずれかにコピーでき、その逆も同様です。サポートされている形式は、VHD、VHDX、VDI、および VMDK です。結果として得られる物理から仮想 (P2V) または仮想から物理 (V2P) への変換は、ほとんどの状況で VM または物理マシンとしてブートできます。仮想ディスクは Windows にマウントすることも (VHD、VHDX、Windows のバージョンによって異なります)、BackupChain Monitor アプリケーションを使用してディスクイメージにアクセスし、ディスクイメージ全体を復元せずにファイルを個別に復元することもできます。 物理ディスクから物理ディスクへのコピー(P2P)/ディスクのクローン作成 スケジュールに従って物理ディスクを物理ディスクにコピーすると、元のディスクに障害が発生したときに、独立したブートディスクまたはデータディスクを常に使用できるようにすることができます。 RAID アレイディスクの内容を 1 つのディスクにコピーし、必要に応じて (Windows ディスクの管理を使用して) 接続またはオンラインにすることができます。または、ディスクはいつでも別のサーバーに接続できます。 システム ディスクまたはデータ ディスクを別のディスクにコピーします。典型的なミラーRAIDとは異なり、ウイルス攻撃や偶発的な削除の場合に反応する時間があります。また、ディスクをオフラインにしたり、サーバーから物理的に取り外したりして、ランサムウェアや盗難から保護するなど、安全性とセキュリティを高めることができます。 詳細な操作手順については、29 ページの「新しいディスクバックアップタスクを作成する」セクションを参照してください。 物理ディスクからマウントされた仮想ディスクへのコピー: LAN経由でのディスクからディスクへのコピー 物理ディスクから物理ディスクに見える仮想ディスクへの変換は、ネットワーク経由で実現できます。 ターゲット サーバーで VHD を作成し、ネットワーク共有を使用して VHD ファイルを共有します。VHD を、ディスクの管理を使用してバックアップを実行する予定の別のサーバーにマウントします。これらは、ネットワーク サーバーに保存されている VHD であっても、”実際の” 物理ディスクとして表示されるようになりました。 次に、BackupChainで物理ディスクからディスクへのコピータスクを作成して、各ディスクを独自のターゲットディスクにコピーします。災害が発生した場合、ディスクはターゲット・サーバまたはネットワーク上の他のサーバ上で直ちにアクセスできます。VHD は、必要に応じて VM に接続 (およびブート) […]

Posted in JP | Comments Off on セクタレベルのディスクイメージバックアップ(P2V、V2P、P2P、V2V)とその使用方法

セクタレベルのディスクバックアップ vs. ファイルバックアップ vs. 仮想マシンバックアップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home セクタレベルのディスクバックアップは、ディスク全体を別のディスク、仮想ディスク、またはコンテナファイルにコピーするプロセスです。ディスクバックアップは、ディスクの内容を認識する必要はありません。ディスクバックアップは、ディスクのセクタごとのコピーであり、隠し領域、暗号化されたファイル、ファイルの断片化など、ディスクに保存されている可能性のあるものが含まれます。ファイル・バックアップは、バックアップ・アプリケーションが各ファイルまたは文書を別々に処理するプロセスです。ファイル バックアップには、ドキュメントの履歴全体を復元できるファイルのバージョン管理など、ディスク バックアップに比べて多くの利点があります。さらに、ファイルのバックアップを調整して、バックアップ内の変更されていないファイルや不要なファイルをすばやくスキップできます。BackupChainは、ファイル拡張子に応じて、各タイプのファイルの処理方法(圧縮、暗号化、重複排除、ファイル履歴の長さ、クリーンアップなど)を変更する方法も提供します。 ディスクバックアップは、Windowsオペレーティングシステム全体のバックアップを取るのに便利ですが、ファイルバックアップの代替として推奨されません。同様に、ファイルのバックアップだけでは、Windowsオペレーティングシステムを復元することはできません。したがって、ほとんどのIT管理者はハイブリッドバックアップ戦略を選択しました:サーバーまたはPCがすべてのアプリケーションで完全にインストールされている場合、およびその後はおそらく年に1〜2回、セクタレベルのディスクバックアップ。一方、ファイルバックアップは、損失を避けるために、すべての重要なドキュメントが必要な頻度でバックアップされるようにするために利用されます。ファイル バックアップは、ファイル サーバー構造の変更されていない部分をすべてすばやくスキップするため、サーバーのサービス品質に影響を与えたり、バックアップ ストレージを過剰に消費したりすることなく、1 日に数回実行できます。仮想マシンのバックアップは、仮想マシンのバックアップがホスト上の仮想マシンを中断したり干渉したりすることなく、ホストから取得される特殊なバックアップ プロセスです。仮想マシンのバックアップ プロセスは、仮想化プラットフォーム (Hyper-V など) と通信して、バックアップ前に VM を一貫性のある状態にします。次に、関連するすべての VM ファイルの一貫したファイル バックアップを作成し、圧縮、暗号化、または重複排除を行います。  

Posted in JP | Comments Off on セクタレベルのディスクバックアップ vs. ファイルバックアップ vs. 仮想マシンバックアップ

セクタレベルのディスクバックアップとクローン作成の設定方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスク全体(物理または仮想)は、BackupChainを使用して相互にコピーできます。「古典的な」ディスクバックアップは、独自のコンテナファイル形式を使用します。ただし、BackupChainでは、バックアップの目的で物理ハードドライブをオープンスタンダードの仮想ディスクにバックアップできます(たとえば、システムドライブをVHDまたはVHDXにバックアップできます)。 後で災害が発生して復元する必要がある場合は、BackupChainのディスクコンバータを使用してVHDを物理ディスクにコピーし直すだけです。 また、BackupChainは物理ディスク間のライブディスクからディスクへのバックアップも提供します。スケジュールを設定し、毎晩 BackupChain を 1 つのディスクから別のディスクにコピーさせることができます。「戻る」必要がある場合は、元のディスクをデタッチし、おそらくブート設定をチェックして、PC /サーバーが他のディスクから起動することを確認するだけです。ソースディスク上のファイルを誤って削除した場合、前夜のデータはお持ちのバックアップディスクですぐに利用できます。 VHD および VHDX 形式の特殊なケースでは、VHD を Windows ブート マネージャーに追加し、そこから直接起動することもできます。これにより、VHD を物理ディスクにコピーし直す必要がなくなります。以下は、Windows ブートにパーティションの代わりに VHD ファイル (F:\vhdboot\win10ent.vhd) が使用される Windows ブート ローダーの構成例です。 VHD または VHDX から直接起動するこの方法は、Windows 7 / Server 2008 R2 以降の一部であり、機能するブートローダーが必要です。たとえば、この方法を使用すると、物理ドライブ上の VHD バックアップにアクセスして、サーバーの以前のコンピューター状態にブートできます。 BackupChainを使用して、起こりうる災害の各タイプを管理するための多くのオプションがあります。ディスクバックアップは、システムディスクを保護する必要がある場合に便利です。ただし、ファイルバックアップは、ファイルサーバーのデータを保護したい場合、ディスクバックアップよりも非常に便利で、多くの場合、より効率的です。 詳細な操作方法については、「セクタレベルのディスクバックアップ戦略」および「新しいディスクバックアップタスクの作成」セクションを参照してください。  

Posted in JP | Comments Off on セクタレベルのディスクバックアップとクローン作成の設定方法

セクタ・レベルのディスク・バックアップを設定する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスク全体(物理または仮想)は、BackupChainを使用して相互にコピーできます。「古典的な」ディスクバックアップは、独自のコンテナファイル形式を使用します。ただし、BackupChainでは、バックアップの目的で物理ハードドライブをオープンスタンダードの仮想ディスクにバックアップできます(たとえば、システムドライブをVHDまたはVHDXにバックアップできます)。 後で災害が発生して復元する必要がある場合は、BackupChainのディスクコンバータを使用してVHDを物理ディスクにコピーし直すだけです。 また、BackupChainは物理ディスク間のライブディスクからディスクへのバックアップも提供します。スケジュールを設定し、毎晩 BackupChain を 1 つのディスクから別のディスクにコピーさせることができます。「戻る」必要がある場合は、元のディスクをデタッチし、おそらくブート設定をチェックして、PC /サーバーが他のディスクから起動することを確認するだけです。ソースディスク上のファイルを誤って削除した場合、前夜のデータはお持ちのバックアップディスクですぐに利用できます。 VHD および VHDX 形式の特殊なケースでは、VHD を Windows ブート マネージャーに追加し、そこから直接起動することもできます。これにより、VHD を物理ディスクにコピーし直す必要がなくなります。 BackupChainを使用して、起こりうる災害の各タイプを管理するための多くのオプションがあります。ディスクバックアップは、システムディスクを保護する必要がある場合に便利です。ただし、ファイルバックアップは、ファイルサーバーのデータを保護したい場合、ディスクバックアップよりも非常に便利で、多くの場合、より効率的です。 詳細な操作方法については、「セクタレベルのディスクバックアップ戦略」および「新しいディスクバックアップタスクの作成」セクションを参照してください。 詳細については、Disk to Disk Backup Solution および Hard Disk Copy & Cloning のページをご覧ください。  

Posted in JP | Comments Off on セクタ・レベルのディスク・バックアップを設定する方法

セクタ・レベルのディスク・バックアップ戦略

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスクバックアップは、戦略の非常に多くの組み合わせで行うことができ、各戦略は、独自の長所と短所を提供しています。 ディスク バックアップのしくみ: VSS は、ディスクの内容の一貫性のあるビューを取得します。また、VSS は、サービスがライブ バックアップの準備を行い、ディスク上のデータ構造を準備して、結果として得られるディスク イメージがアプリケーションとクラッシュの整合性を持てるようにします。 重要な注意: VSS では、Windows 以外のパーティション、ディスク、およびオフライン ディスクの一貫性を確保できません。たとえば、物理ディスクを VM に直接接続した場合、そのディスクをホストからバックアップすることはできません。代わりに、VM 内からバックアップする必要があります。 ディスクコピーによるディスクバックアップ: ライブディスクからディスクへのコピータスクを設定することで、物理ディスクを別のディスクに複製し、災害発生時に起動またはアクセスできるように準備できます。元のディスクとまったく同じサイズまたはそれより大きいディスクを使用する必要があります。この戦略は、複数のディスクを組み合わせて実装できる RAID ディスクでも機能します。たとえば、3 つのディスクのストライプアレイを十分な容量を持つ 1 つのディスクにコピーできます。その後、RAID に障害が発生した場合にクローンを単独でブートできます。 「正しい」ディスクからの起動を強制するように起動設定が構成されていることを確認してください。サーバーに複数のブータブルディスクがあると、次回の起動時にBIOSが「間違った」ディスクを使用することがあります。 仮想ディスク変換によるディスクバックアップ: BackupChain は、物理ディスクから仮想ディスク (フォーマット: VHD、VHDX、VMDK、および VDI) を作成できます。この戦略を使用して、仮想マシンにマウントしていつでも起動できる起動可能な仮想ディスクを作成できます。VHD と VHDX は、bcdedit 経由で Windows ブート構成に追加した場合から直接ブートするために使用でき.exe 仮想ディスクから仮想ディスクへのバックアップ: Hyper-V を実行している VM があるとします。バックアップ サーバには、VMware ワークステーションがあります。Hyper-V VM を中断することなくライブで VMDK […]

Posted in JP | Comments Off on セクタ・レベルのディスク・バックアップ戦略

タスクチェーンとは何か、タスクチェーンの使用方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home タスクチェーンを使用すると、別のタスクが終了した後にタスクを実行できます。したがって、2 番目のタスクをチェーンするだけで、最初のタスクと重複しないようにすることができます。さらに、最初のタスクが失敗した場合、または停止した場合は、2 番目のタスクを省略できます。待機オプションも使用可能で、これを使用して、2 番目のタスクが終了するまで最初のタスクが再び実行されないようにすることができます。さらに、2 番目のタスクを待機する場合、最初のタスクの最終ステータスは、2 番目のタスク (および複数のタスクが順番にチェーンされている場合は、チェーンのさらに下のタスク) の成功に依存します。 タスク チェーンを使用すると、順次実行するタスクのスケジュールと制御が容易になります。これは、特に後続のタスクを適切に実行するために 1 つのタスクの出力が必要な場合に、計画、リソースのストレス、および潜在的なエラーを回避するのに役立ちます。  

Posted in JP | Comments Off on タスクチェーンとは何か、タスクチェーンの使用方法

ディスクの復元: 仮想ディスクを物理ディスクにコピーする (V2P)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスクを復元する方法: 仮想ディスクを物理ディスクにコピーする (V2P)   仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーすることは、仮想ディスクが物理ディスクから作成された場合、基本的に復元操作です。ただし、次に示すのと同じ手順を使用して、仮想ディスクを物理ドライブにコピーして、VM を物理マシンに変換できます。 前のセクションで示したように新しいディスクバックアップタスクを作成するか、「Disk Backup & Disk Converter」を開いて手動で一度限りの復元を行います(手順は同じです)。   ディスクバックアップと仮想ディスクコンバータが開いたら、「イメージからディスクへ:仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーする(V2P)」を選択し、ファイルを参照するか、以下のようにファイル名を入力します。 スナップショットを作成する必要がないため、「ライブVM変換を実行する」をオフにします。仮想ディスクはそのまま読み取られます。 次に、コピー先ディスクとなる物理ディスクを選択します。 同時に復元するディスクが複数ある場合は、[ディスクの追加]をクリックして、ディスクごとに上記の手順を繰り返します。 次に、「開始」をクリックしてプロセスを開始します。プロセスが完了すると、物理ディスクを起動する準備ができ、サーバーから切り離してターゲットマシンにインストールできます。    

Posted in JP | Comments Off on ディスクの復元: 仮想ディスクを物理ディスクにコピーする (V2P)

ディスクへのイメージ: 仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーします。

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home VHD を別の仮想ディスクにコピーする代わりに、仮想ディスクの内容を物理ディスクにコピーすることもできます。このようにして、VM を物理マシンとして起動するように変換できます。システムによっては、いくつかの変更が必要になる場合があることに注意してください。 次の画面は、物理ディスクターゲットを設定する方法を示しています。バックアップの種類として「ディスクへのイメージ」を選択し、次に仮想ディスクのソースファイル、最後に物理ターゲットディスクを選択します。 ターゲットディスクは、バックアップタスクの実行時に削除されることに注意してください。 手記: 「正しい」ディスクからの起動を強制するように起動設定が構成されていることを確認してください。サーバーに複数のブータブルディスクがあると、次回の起動時にBIOSが「間違った」ディスクを使用することがあります。  

Posted in JP | Comments Off on ディスクへのイメージ: 仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーします。

ディスクイメージを物理ディスクに復元する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスク関連情報については、21 ページを参照してください。 一般的な手順を以下に示します。同じ手順を実行するタスクを設定することもできます。以下の手順は、ディスクイメージを 1 回限りの復元プロセスとして物理ディスクに復元する方法を示しています。 メインメニューから[復元]を選択し、[セクタレベルのディスクバックアップを復元する]を選択します。 次の画面では、[参照] をクリックしてディスクイメージファイルを選択し、[選択] をクリックしてターゲットディスクを選択するだけです。 回復プロセスを開始するために「開始」をクリックしてください。複数のディスクイメージを同時に複数のディスクに復元する場合は、プロセスを開始する前に[ディスクの追加]をクリックして、プロセスに手順を追加できます。画面には、ディスクイメージとそれぞれの物理ディスクターゲットを選択する2番目のディスクの別のセクションが表示されます。 「ライブVM変換を実行する」オプションは、VMの実行中に仮想ディスクを使用し、そのディスクの内容を物理ディスクにコピーできる特別な機能です。VM はプロセス中に実行でき、いかなる影響も受けません。VM の仮想ディスクを物理コンピューターに変換する (V2P 変換) 場合は、”ユニバーサル ブート設定を適用する” オプションも有効にする必要があります。これにより、BC は、物理ターゲット ディスクをインストールしてブートする新しいハードウェアに適応できるように Windows ブート設定を変更します。  

Posted in JP | Comments Off on ディスクイメージを物理ディスクに復元する方法

ディスクバックアップとディスクコンバータ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ディスクをコピーしたり、VM をある形式から別の形式に変換したり、物理ディスクのバックアップを取ったりする場合は、「ディスクバックアップとディスクコンバータ」ツールを使用できます。 「ディスクバックアップ&ディスクコンバータ」ツールは、前の章(ディスクバックアップタスク)で説明したのとまったく同じ機能を提供しますが、一度だけ操作するだけで設定は保存されません。手動またはタスクスケジューラを介して、ある時点で繰り返すことを意図したタスクを作成するのとは異なり、「Disk Backup & Disk Converter」ツールは、手動の一度限りの操作のためのディスクバックアップ機能を提供します。 Backup Chain Monitor のメインメニューから Disk Tools >Disk Backup & Disk Converter を選択します。 新しい画面が開き、「新規タスクウィザード」で新しいディスクバックアップタスクを作成するときと基本的に同じレイアウトになります。 また、「ディスクの追加」ボタンを使用して操作にディスクを追加することもできます(たとえば、データストレージに複数のドライブを同時に使用するアプリケーションのために2つのドライブを同時にバックアップする必要がある場合など)。ディスクを追加すると、便宜上、一部の設定がコピーされます。 このツールで提供される各機能の詳細については、29 ページを参照してください。 ステップバイステップの記事 ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元 ディスクへのイメージ: 仮想ディスクイメージを物理ディスクにコピーします。 仮想ディスク変換: VHDX、VHD、VMDK、VDI、および Physical  

Posted in JP | Comments Off on ディスクバックアップとディスクコンバータ

ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home このセクションでは、「ディスクからイメージへのバックアップ」タスクを使用してディスク全体をバックアップ、コピー、または変換する方法について説明します。ファイル サーバーのドキュメント、仮想マシン、またはデータベースをバックアップする場合は、次のセクション 46 ページの「新しいタスクの作成」を参照してください。 用語の定義 このマニュアルでは、「変換」、「バックアップ」、およびコピーという用語を同じ意味で使用しています。物理ディスクは、他の物理ディスクまたは仮想ディスクに変換されます。変換はコピーに似ており、システム全体の復元に使用できるバックアップ・イメージ・ファイルとして使用できます。ディスクからディスクへのコピーには、ストレートコピー以外の追加の操作が含まれる場合があるため、真のコピーよりも変換のほうが簡単です。 ディスクのクローン作成 Windows では、マウントされているすべての物理ディスクに一意の識別子が必要です。したがって、ライブシステム上でディスクをコピーするには、マウントする前に「コピー」に新しい ID を割り当てる必要があります。BackupChainはこの問題を処理して、Windowsがオリジナルと「クローン」を衝突することなく共存できるようにします。ただし、BackupChainはこれを実現するためにターゲットディスク上でいくつかの変更を実行します。標準のWindowsブートローダ以外のサードパーティ製ブートローダを使用している場合、クローンディスクがWindowsオペレーティングシステムのブートディスクの場合、正しく起動しないことがあります。 はじめ 新しいディスクバックアップタスクを作成するには、メインウィンドウから[新しいタスク]をクリックし、[ディスクからイメージバックアップへ]を選択してタスク名を入力します。 次に、「次のステップ」をクリックして、表示されるさまざまな役立つヒントを読んでください。次に、もう一度[次へ]をクリックして次の画面に移動します。 上記の画面では、バックアップの種類(上記で「ディスクからイメージへ」が事前に選択されています)、次に物理ソースディスクとバックアップイメージのターゲットファイルを選択する必要があります。 ディスクからイメージへのバックアップ(物理ディスクを仮想ディスクイメージにコピー) 物理ディスクを仮想ディスクにコピーすると、ディスクの内容を含むバックアップファイルが作成されます。 後でできます 仮想ディスクを物理ディスクにコピーして、マシンを復元します。 仮想ディスクをマウントしてファイルとフォルダ(Windowsディスクの管理によるVHDとVHDX)を抽出するか、BackupChainの詳細なリストアツール(ディスクツール – >ディスクイメージと仮想ディスクの参照)を使用してすべてのフォーマットに対応します。 「ダミー」VMを作成し、仮想ディスクを仮想IDEコントローラに接続して、仮想ディスクをVMとしてすぐに起動します。 [選択]ボタンをクリックして、サーバにインストールされているすべてのディスクから選択します。 BackupChainは、rawディスク、ベーシックディスクとダイナミックディスク(用語の定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb726994.aspx を参照)、GPTおよびMBRパーティションレイアウトをサポートしています。 ソースディスクを選択したら、「OK」をクリックします。選択内容がバックアップ/変換ステップに表示されます。 注: ダイナミック物理ディスクは、[Add Disk] ボタンを使用して上記の画面にディスクを追加して、すべての結合を 1 つのステップで変換する必要があります。Windows のダイナミック ディスク (仮想ディスクの拡張と混同しないように、定義については https://technet.microsoft.com/en-us/library/cc737048 を参照してください) では、複数のディスクにまたがるスパン、ストライプ、およびミラー化されたボリュームを使用できます。これらのディスクをイメージ化する場合は、同時に変換するすべてのディスクを選択する必要があります。「ディスクの追加」ボタンをクリックして、追加の変換ステップ(ディスクなど)を追加できます。各ディスクは、独自の仮想ディスクまたは物理ディスクターゲットに変換されます。 ターゲット・ファイルの指定 作成する仮想ディスクへの完全なファイルパスを入力するか、[参照]をクリックしてターゲットファイルの場所またはネットワークの場所を選択します。次の例では、Z:\backup-vhds\servermaindisk.vhd にバックアップします。 「参照」をクリックして、ローカルディスクパスまたはネットワーク共有に保存できるターゲットイメージファイルを指定します。 ターゲットフォルダを選択すると、「ターゲットファイル」フィールドに選択内容が表示されます。 ターゲットファイルの下には、いくつかのオプションが表示されます。最初の行はターゲット形式 (VHD、VHDX、VMDK、および VDI) です。2TB を超えるディスクをサポートする唯一の形式は VHDX です。バックアップ […]

Posted in JP | Comments Off on ディスクバックアップタスクの作成: ディスクイメージング、クローン作成、イメージの復元

ディスク・バックアップ検証とディスク・クローン検証

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home すべてのディスク・バックアップ・プロセス(P2P、P2V、V2P、V2V)は、以下に示すように、ブロック・レベルまたはファイル・レベルのいずれか、またはその両方で検証できます。 上記の「すべてのサービスをバックアップ用に準備する(アプリケーションの整合性)」オプションを使用すると、BackupChainはVSS対応のすべてのサービスに信号を送信してバックアップを準備します。このオプションは、サーバが SQL Server、最新バージョンの Oracle、Microsoft Exchange Server などの VSS 対応サービスを実行している場合に使用します。 「空きとしてマークされたディスク領域をスキップする」オプションを使用すると、ボリューム “C:” の空き領域など、ファイル システムによって明示的に空きとしてマークされているディスク ストレージ ブロックが BackupChain によってスキップされます。 検証では、特定のパスを除外できます。各パスを別々の行に入力し、ドライブ文字は入力しないでください。上記の例では、パス “\temp” を検証から除外しています。検証ではバックアップの完了に必要な時間が長くなるため、可能であれば検証ボリュームを減らすことは理にかなっています。上記の例では、検証の必要がない重要でないファイルを保持しているため、\tempフォルダを除外しています。  

Posted in JP | Comments Off on ディスク・バックアップ検証とディスク・クローン検証

バックアップタスクからフォルダとファイルを除外する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 特定のフォルダやファイルをバックアップしたくない場合は、それらを省略するようにBackupChainを設定できます。 一時ファイルフォルダは、デフォルトでバックアップから除外されます。必要に応じてファイルとフォルダーを追加して、必要に応じてさらにフォルダーを除外します。 [除外] タブには、ファイルを除外する 4 つの異なる方法があります。 フォルダを名前で除外します。 ファイルを名前で除外します。 .tmpテキスト.tmpがファイルパス全体のどこかに表示される場合、すべてのファイルとフォルダが除外されます。 上級ユーザーの場合: 複数の正規表現フィルターを入力して、ファイルをカスタム・フィルターに使用できます。正規表現の .NET フレーバーは内部的に使用されます。正規表現が構文的に正しいことを確認します。そうしないと、バックアップでエラーが報告されます。 注:特定のファイルタイプを除外する場合は、[ファイルのバージョン管理/クリーンアップ]タブでこれを行う方が簡単です。そこに拡張子の新しい行を入力し、「最小ファイルバージョン数」をバックアップなしに設定する必要があります。次の章の「ファイルの種類」の説明を参照してください。  

Posted in JP | Comments Off on バックアップタスクからフォルダとファイルを除外する方法

バックアップタスクのHTMLメールアラートをカスタマイズする方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home [ログ オプション] 画面の下半分には、HTML 形式の電子メール警告をオンにするケースが選択されています。HTML テンプレートへのパスは、上記の C:\Program Files\FastNeuron Inc\BackupChain に示すように、BackupChain のプログラムパスです。 テンプレートを別のフォルダにコピーし、好きなように編集および設計できます。 HTML コードは好きなようにデザインできます。BackupChainは、次のタグを使用して情報を挿入します。 ###TASK NAME### バックアップチェーンに入力されたタスクの名前 ###NUMBER OF ERRORS### 発生したエラーの数。例: 0 ###NUMBER OF WARNINGS### 警告の数。例: 1 ###NUMBER OF CYCLES### タスクが継続的に実行されるようにスケジュールされている場合に実行された回数。 ###NUMBER OF DIRS CREATED### このサイクルで作成されたディレクトリの数 ###NUMBER OF DIRS SKIPPED### 既存のディレクトリの数。 ###NUMBER OF FILES PROCESSED### このバックアップ・サイクルで作成されたファイルの数。 ###NUMBER OF FILES […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップタスクのHTMLメールアラートをカスタマイズする方法

バックアップタスクへのHyper-V仮想マシンの追加

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home Hyper-V の役割がインストールされている Windows Server 2008 – Windows Server 2022、または Hyper-V Server 2008 R2 / 2012 / 2016 / 2019 または Windows Core のインストールでは、BackupChain の [Hyper-V] タブを使用して Hyper-V 仮想マシンをバックアップできます。 [Hyper-V] タブは、BackupChain Professional Edition では使用できません。ただし、Hyper-V またはその他の仮想化プラットフォームを使用する Windows 11 – 8 PC では、以下に示すように完全な機能セットを含む PC 用サーバー エンタープライズ エディションを使用できます。 [Hyper-V] タブ内には 2 つの主要なセクションがあり、提供されている選択モードが異なります。手動で「リストからVMを選択する」か、「VMの自動選択」機能を使用できます。 […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップタスクへのHyper-V仮想マシンの追加

バックアップタスクへの個々のファイルの追加

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home フォルダ全体をバックアップする必要がない場合は、単一のファイルのみをバックアップするようにBackupChainに指示できます。 フォルダと同様に、バックアップする選択肢があります。 ローカルファイル。 ネットワーク共有にあるファイル。 仮想マシンのディスクファイル内に格納されているファイル。 ローカルファイルの追加 [ファイル]タブに移動して、バックアップする個々のファイルを選択します。 「ファイルの追加」ボタンをクリックし、「ローカルファイルの追加」をクリックして、バックアップする単一のローカルファイルを選択します。   バックアップタスクへの個々のネットワークファイルの追加   ネットワーク共有上の個々のファイルも選択できます。[ファイルの追加]と[ネットワークファイルの追加]をクリックすると、BackupChainは前のセクションで説明した標準のネットワーク接続画面を表示し、その後にファイル選択画面が表示されます。 UNC パスとユーザー名とパスワードを入力した後、[参照] ボタンを使用できます。上記の例では、ドメイン名にユーザー名の接頭辞が付いていることに注意してください。また、ドメイン内のサーバーをアドレス指定するには、cluster2.fastneuron (fastneuron はドメイン名、cluster2 はサーバー名) という形式を使用することもできます。または、静的であれば、サーバーのIPアドレスを入力することもできます。 「OK」をクリックすると、ファイル選択画面が開き、ネットワークファイルを選択して選択プロセスを完了できます。 仮想マシン内に格納されたファイルをバックアップタスクに追加する(きめ細かなバックアップ) BackupChainの優れた機能は、グラニュラーバックアップであり、グラニュラーリストアと同じくらい便利ですが、リストアプロセスではなくバックアップレベルで動作します。きめ細かいバックアップを使用すると、仮想マシン全体をバックアップしたり、プロセスに干渉したりすることなく、仮想マシン内に保存されているファイルのライブバックアップを作成できます。さらに、仮想マシン内にソフトウェアをインストールする必要はありません。注: この機能は、BackupChain Server Enterprise Edition および Platinum Edition でのみ使用できます。 「ファイルの追加」を選択し、「仮想マシン内に保存されているファイルを追加」をクリックします。 「参照」を入力またはクリックして、仮想マシン・ファイルを選択します。 [次のステップ]をクリックして仮想マシンのファイルブラウザを開き、バックアップするファイルを選択します。  

Posted in JP | Comments Off on バックアップタスクへの個々のファイルの追加

バックアップタスクをスケジュールする方法(毎日、連続、毎週、毎月など)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainは、次の機能を提供する強力なスケジューラです。 1 Windowsにログインしていないときでも自動的にバックアップを実行します。 2.連続バックアップ(指定された間隔で無期限にバックアップを繰り返す)。 3.1回限りの実行:将来、バックアップタスクを1回開始します。 4.毎日の実行:毎日またはN日ごとに特定の時間にバックアップタスクを開始します。 5.毎週:毎週またはN週ごとに特定の時間にバックアップタスクを開始します。 毎月: 「1 月と 2 月の最終水曜日の午前 3 時」など、月の 1 番目、2 番目、3 番目、および最後の平日など、バックアップを実行する個々の月、週、および日を選択します。 7 システムが起動するとすぐに、見逃したタスクをすぐに実行する機能。 8.タイムアウトを使用して実行時間の長いタスクを自動的に終了する機能。 「毎日午前 6 時にタスクを実行し、4 時間ごとに繰り返す」など、スケジュールされた間隔の間にタスクを繰り返す機能。 特定の日付にタスクを期限切れにする機能。 11.時間のほんの一部を規定する機能は、以下の例(2時間+ 2分)を参照してください。 編集が完了するまでタスクが自動的に開始されないようにするには、[オプション]タブでタスクを無効にするか、上記のメインタスクリストのタスクを右クリックします。 「スケジュールされた間隔の間にタスクを毎回繰り返す」X日/時間/分、Y日/時間/分の期間。この設定では、間隔を空けてタスクを繰り返すことができます。たとえば、タスクを 1 日に 1 回実行し (毎日のスケジュール)、45 分ごとにタスクを 4 時間繰り返すことができます。 タスクのスケジュールされた起動時間中にサーバーがダウンした場合に備えて、BackupChainがブート時にすぐにタスクを開始するようにするには、「見逃した場合にタスクをできるだけ早く実行する」をオンにする必要があります。 「このタスクの有効期限」は、このタスクスケジュールの有効期限を設定します。このオプションを有効にすると、スケジューラーは指定された日付にこのタスクの実行を停止します。 継続的なバックアップ ここでの連続とは、所定の間隔で無期限に繰り返すことを意味します。 定期的な間隔でデータをバックアップするために、継続的なバックアップタスクを設定することをお勧めします。上記の例では、2 時間 2 分 (122 分) […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップタスクをスケジュールする方法(毎日、連続、毎週、毎月など)

バックアップチェーンFTP / FTPSサーバーを設定する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 組み込みの FTP/FTPS サーバーをセットアップする方法 BackupChainには、サーバーグレードでありながら使いやすいFTPおよびFTPSサーバーが含まれています。このコンポーネントを使用すると、独自の安全なリモートストレージサーバーを設定できます。 市場に出回っている多くのFTPサーバーとは異なり、BackupChainのFTPサーバーは、安全で暗号化された転送、最大32,767 Unicode文字のファイル名パス長をサポートし、ファイルサイズの制限は事実上ありません。これにより、すべてのファイル名が保持され、Windows ファイル サーバー上のあらゆる種類のファイルを問題なくネットワーク経由で正しくバックアップできます。 サーバー側のスキャン データベース BackupChainのFTPサーバーは、FTP以上のものを提供しています。非常に大きなファイルサーバーのバックアップを扱っている場合、ファイルは数百万のフォルダではないにしても数千に分散される可能性があります。フォルダをスキャンするとき、FTPは各フォルダ内のファイルのリストを取得するために必要に応じて別々の要求を行うので非常に非効率的です。BackupChain FTP Server には、BackupChain のサーバーエディションでのみ、サーバー上のすべてのファイルとフォルダーの最新のリストをコンパイルし、それを圧縮形式でクライアントに転送するサーバー側のスキャン機能が含まれています。その後、クライアントはファイルの変更を独自に検出できます。この方法では、すべてのフォルダ検索要求が 100% 排除され、新規ファイルや変更されたファイル、および最初のサーバー スキャン要求のみへの転送が削減されます。このメリットは、時間の節約が90%を超える非常に大規模なファイル・サーバ・バックアップを処理する場合に特に顕著です。 VM 関連または小規模のバックアップでは、ファイル自体がかなり大きくても、ファイルとフォルダーの数が少ないため、サーバー側のスキャン機能は必要ありません。バックアップタスクの[速度]タブでサーバー側のスキャンの使用をオフにすることができます([フォルダキャッシュを有効にする]設定)。 増分重複排除と差分重複排除 BackupChain は、プレーン FTP を介した増分ファイル・レベルの重複排除をサポートします。これにより、従来の増分バックアップ方式(完全圧縮バックアップの後にN個の増分または差分バックアップが続き、バックアップチェーンが形成される)を介して、大規模な仮想マシンとデータベースをネットワーク経由で効率的にバックアップできます。 セキュリティ機能 BackupChainのFTPサーバーは、ユーザー名とパスワードの組み合わせが正しくない場合、IPアドレスを3分間禁止します。サーバーへの接続時に誤ってパスワードまたはユーザー名のスペルを間違えた場合は、再試行する前に 3 分間待つ必要があります。これは、ブルートフォース攻撃に対抗するのに役立ちます。また、パスワードは少なくとも 8 文字の長さにする必要があります。 FTP サーバーは、ユーザーごとに許可される IP 範囲を使用して構成できるため、攻撃の可能性を最小限に抑えることができます。特定の IP または特定の IP 範囲のみがユーザーのデータにアクセスできるようにすることで、部外者が他の場所からアカウントに侵入しようとしないことを確信できます。 信頼性機能 BackupChainのFTP接続は自動的に再接続され、リンクが切断されると再開されます。リンクが長期間失敗すると、ファイルはスキップされ、エラーがログに記録されます。 FTP サーバーのセットアップ メインメニューから「FTPサーバー」と「FTPサーバー設定の編集」を選択します。 FTPサーバ設定画面が開きます: 注: ポート番号などの基本 FTP […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップチェーンFTP / FTPSサーバーを設定する方法

バックアップチェーンモニタ(ユーザインタフェース)の概要

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 以下は、BackupChainのメイン画面であるBackupChainモニタの概要です。 #1 これはメインメニューです。メインメニューを使用すると、BackupChain Monitorアプリケーションを終了したり、ファイルを復元したり、ログを開いたり、組み込みのFTPサーバーの設定を編集したりできます。 #2 選択したタスクをバックアップタスクリストに灰色の背景で表示します。 メイン画面を開いた後、通常最初に行うことは、タスクリストからタスクを選択することです。 この例では、「手動開始」はバックアップが自動的に開始されないことを意味します。むしろ、ボタン#4「バックアップタスクの実行」をクリックすると、オンデマンドで実行されます。「毎日実行」とは、タスクが 1 日に 1 回実行されるようにスケジュールされていることを意味します。 #3 新しいバージョンのBackupChainが利用可能かどうかを示します。新しいバージョンが利用可能な場合は、[ヘルプ]メニューのオプションを使用すると、BackupChainが自動更新プロセスを開始し、BackupChainをインストールします。 #4:「バックアップタスクの実行」をクリックすると、タスクリスト()で選択したバックアップタスクが、実行のスケジュール方法に関係なくすぐに実行されます。 #5: 現在実行中のタスクは、タスク リストの青い背景に表示されます。 #6:右側のサーバーツリーは、リモート管理を有効にした場合にのみ表示されます。スタンドアロンサーバーの場合、このセクションが完全に非表示になっているか、ローカルホストのみが表示されることがあります。Server Enterprise エディションを使用すると、BackupChain の他のインスタンス (Server Edition を除くすべてのエディション) をリモートで制御でき、左側のサーバー ツリーにサーバーを追加できます。ツリーの上部にある[サーバーリスト]ノードをクリックすると、BackupChainはすべてのサーバーのすべてのタスクを同時に表示するため、接続されているすべてのサーバーの概要を確認できます。 [保存] ボタンを使用して設定を保存することをお勧めします。 コンテキストメニュー タスクを右クリックすると、ショートカットのメニューを開くことができます。 「タスクを無効にする」をクリックすると、タスクが現在実行されている場合は、タスクを停止するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 ログビューアを開く [ログ ビューアーを開く] オプションを選択すると、タスクのログの新しいウィンドウが開き、複数のログを同時に検査できます。 タスクの削除 コンテキストメニューからタスクを削除するには、[バックアップタスクリスト]でタスクの行を右クリックします。 クローン作成タスク 便利な生産性向上ツールはクローン機能です:バックアップタスクリストでタスクの行を右クリックし、[クローン]を選択します。これにより、すべてのタスク設定が新しいタスクにコピーされます。    

Posted in JP | Comments Off on バックアップチェーンモニタ(ユーザインタフェース)の概要

バックアップファイルとフォルダを検証および検証する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home [確認] タブには、バックアップを保護するためのさまざまな機能があります。 バックアップの検証では、ターゲット メディアからデータを読み戻す必要があるため、バックアップの速度が大幅に低下することに注意してください。さらに、これらのファイルに対してWindowsディスクキャッシュがオフになり、そうすることによって、これらの特定のファイルにアクセスするときに、ファイルアクセスを高速化するWindowsのいくつかの最適化が利用できなくなるため、アクセスの読み戻しが通常よりも遅くなります(この遅いアクセスは検証中のファイルにのみ影響し、システム全体ではありません)。 ただし、重要なデータを処理する際には、バックアップの検証が不可欠です。ファイルをバックアップすると、そのバックアップ ファイル (ZIP アーカイブなど、元のファイルとは異なる形式) が読み戻され、チェックされます。リモートターゲットの場合、上記のオプションには、検証目的で非常に大きなファイルをダウンロードしないようにするための最大サイズ制限と、パーセンテージ制限があります。パーセンテージ制限を使用すると、たとえば、検証をすべての新しいファイルのわずか 5% に制限して、バックアップの完了を高速化できます。 このパーセンテージの制限は、特に非常に大きなファイルサーバーのバックアップや、2番目の機能「ビット腐敗と操作保護を有効にする」と組み合わせて、非常に理にかなっています。 バックアップファイルの再検証/検証 ターゲットのファイルは、知らないうちに破損する可能性があります。ミラー構成を使用するRAIDコントローラでも、コントローラが気付かないうちにファイルやセクタが破損する可能性があります。RAIDコントローラは通常、複数のドライブ間の読み取り中にセクタを比較しません。したがって、ハードウェア障害はかなり長い間検出されないままになる可能性があります。さらに、RAMチップはデータを破損する可能性があります。ECC技術にもかかわらず、ハードドライブやサーバーRAMに含まれるRAMは損傷する可能性があり、損傷は目立った症状を生じることなく、かなり長い間検出されないままになる可能性があります。たとえば、ECC RAMは、チップの内部アドレスバスの損傷により、バイトが正しく書き込まれるが間違ったアドレスに書き込まれるような方法で損傷を受ける可能性があります。ECCの性質上、このような欠陥やその他の種類の欠陥に対する保護は提供されません。さらに、悪意のあるソフトウェアがバックアップファイルを暗号化し、時には不満を抱く従業員がバックアップファイルを荒らす可能性があります。 妥当な時間内にこのような可能性を捉え、最小限のリソースを使用するために、BackupChain はパーセンテージベースのリソースカバレッジオプションを提供しています。I/O に使用される RAM のほんの一部を RAM の欠陥に対してテストし、再検証するファイルの一部をテストするように指定できます。リモートターゲットの場合、再検証時に画面の上半分のサイズオプションも考慮されます。 バックアップ ファイルを再検証するには、バックアップ ファイル全体を (ダウンロードして) 読み戻し、チェックサムなどを使用して内部整合性をチェックする必要があります。これは、それ以降に変更されたファイルの以前のバックアップバージョンでも実行できます。 再検証の対象範囲 再検証するファイルのほんの一部だけをバックアップ サイクルごとに処理することで、作業を多くのバックアップ サイクルに分散し、必要な追加時間を最小限に抑えることができます。この考え方では、すべてのファイルがほぼ平均サイズであり、バックアップタスクが実際に定期的に実行されることを前提としています。さらに、別の仮定は、ファイルの過度の再検証は特定のポイントを超えては役に立たないが、その選択はあなた次第であるということです。毎回すべてのファイルの100%を再検証するようにタスクを設定できますが、その影響がバックアップサイクルをあまり長引かせない場合は、100%再検証の利点は、バックアップメディアの品質が影響を受けるとすぐに通知されることです。 ファイルの 5% など、再検証を選択した場合、すべてのファイルを 1 回カバーするには、平均で約 20 回のバックアップ サイクルが必要になります。バックアップ タスクが毎日実行されるようにスケジュールされている場合、それは 20 日間のサイクルとなり、各バックアップ ファイルが平均して再度チェックされます。これが実現可能かどうかは、使用可能な全体的なバックアップ時間、ファイルの総数とそのサイズ、関連するアクセス速度と I/O 速度など、多くの要因によって異なります。 ファイルを再読み込みするとセクタが実現 RAIDで使用されるかどうかにかかわらず、最新およびエンタープライズグレードのハードドライブの大きな特徴は、読み取りセクタにはハードドライブ内で発生する多くの内部チェックが含まれることです。BackupChainはバックアップファイルの一貫性をチェックするだけでなく、ハードドライブ自体も特定のセクタの品質を再評価し、必要に応じてそのセクタのデータを予備の内部セクタに再配置することを決定することがあります。 検証と検証の利点 多くのユーザーは直感的にバックアップ時間をできるだけ短くすることを好みますが、デジタルストレージは何らかの形で完璧であり、欠陥はできず、部分的な欠陥さえも持てないという根本的な考え方がしばしばあります。バックアップ検証の場合、バックアッププロセスを延長することは避けられません。ただし、組織にとってデータの価値が非常に高い場合は、カバーされている利点とリスクを考慮する必要があります。 […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップファイルとフォルダを検証および検証する方法

バックアップ・チェーン・バックアップ・ソフトウェアの概念

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home コンピューターで重要なデータを処理して保存する場合は、データのバックアップに関連する次の概念に注意することが重要です。 セクタレベルのディスクバックアップ vs. ファイルバックアップ vs. 仮想マシンバックアップ セクタレベルのディスクバックアップは、ディスク全体を別のディスク、仮想ディスク、またはコンテナファイルにコピーするプロセスです。ディスクバックアップは、ディスクの内容を認識する必要はありません。ディスクバックアップは、ディスクのセクタごとのコピーであり、隠し領域、暗号化されたファイル、ファイルの断片化など、ディスクに保存されている可能性のあるものが含まれます。 ファイル・バックアップは、バックアップ・アプリケーションが各ファイルまたは文書を別々に処理するプロセスです。ファイル バックアップには、ドキュメントの履歴全体を復元できるファイルのバージョン管理など、ディスク バックアップに比べて多くの利点があります。さらに、ファイルのバックアップを調整して、バックアップ内の変更されていないファイルや不要なファイルをすばやくスキップできます。BackupChainは、ファイル拡張子に応じて、各タイプのファイルの処理方法(圧縮、暗号化、重複排除、ファイル履歴の長さ、クリーンアップなど)を変更する方法も提供します。 ディスクバックアップは、Windowsオペレーティングシステム全体のバックアップを取るのに便利ですが、ファイルバックアップの代替として推奨されません。同様に、ファイルのバックアップだけでは、Windowsオペレーティングシステムを復元することはできません。したがって、ほとんどのIT管理者はハイブリッドバックアップ戦略を選択しました:サーバーまたはPCがすべてのアプリケーションで完全にインストールされている場合、およびその後はおそらく年に1〜2回、セクタレベルのディスクバックアップ。一方、ファイルバックアップは、損失を避けるために、すべての重要なドキュメントが必要な頻度でバックアップされるようにするために利用されます。ファイル バックアップは、ファイル サーバー構造の変更されていない部分をすべてすばやくスキップするため、サーバーのサービス品質に影響を与えたり、バックアップ ストレージを過剰に消費したりすることなく、1 日に数回実行できます。 仮想マシンのバックアップは、仮想マシンのバックアップがホスト上の仮想マシンを中断したり干渉したりすることなく、ホストから取得される特殊なバックアップ プロセスです。仮想マシンのバックアップ プロセスは、仮想化プラットフォーム (Hyper-V など) と通信して、バックアップ前に VM を一貫性のある状態にします。次に、関連するすべての VM ファイルの一貫したファイル バックアップを作成し、圧縮、暗号化、または重複排除を行います。 圧縮 圧縮は、ファイルの内容内の反復パターンに基づいてファイルのサイズを縮小する方法です。たとえば、Microsoft Word 文書内で特定の単語が何度も繰り返されると、圧縮プログラムは各単語をはるかに短いコードに置き換えます。 一部の種類のファイルには、通常、繰り返しパターンが含まれていません。たとえば、WAV、AVI、MP3、およびその他のメディアまたは音楽ファイルは、コンテンツがランダムで反復的ではないため、通常は圧縮できません。 一方、テキストファイル、プログラムファイル、データベース、および仮想マシンイメージファイルには、通常、空白領域の大部分と繰り返しブロックが含まれています。したがって、このようなファイルを圧縮することをお勧めします。 BackupChainバックアップソフトウェアにはさまざまなプリセットが同梱されているため、ファイルの種類に応じて圧縮のオンとオフを自動的に切り替えることができます。ただし、構成を変更し、特定のファイルタイプを圧縮するかどうかを自分で決定します。 暗号化 暗号化は、データを認識できないポイントまで「ランダム化」する方法です。対称サイファーは、同じパスワードと方法を使用して情報を暗号化および復号化するプログラムです。ファイルを暗号化することにした場合、BackupChainはAES256対称サイファーを使用してファイルを暗号化します。AESは、データセキュリティのためのオープンな国際業界標準であり、暗号化のための最も安全で効率的なアルゴリズムの1つと考えられています(詳細については、http://en.wikipedia.org/wiki/Advanced_Encryption_Standard を参照してください)。AES256 は HIPAA にも準拠しています。 パスワードがなければ、暗号化されたファイルを回復することは通常不可能です。したがって、パスワードを忘れた場合、バックアップファイルを復元する方法はありません。 重複排除 (デルタ圧縮) 重複排除 (デルタ圧縮とも呼ばれます) は、ファイルを以前の内容と比較する方法です。たとえば、増分日次ファイル バックアップが生成された場合、BackupChain は昨日のコピーと今日のファイルの内容を比較して、実際の相違点を見つけます。次に、変更のみを含むデルタ ファイルが生成されます。 差分差分は、現在と最初に作成されたバックアップ […]

Posted in JP | Comments Off on バックアップ・チェーン・バックアップ・ソフトウェアの概念

バックアップ前、バックアップ中、バックアップ後に外部ユーティリティを実行する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home バックアップの開始時と終了時に外部ユーティリティを実行できます。この機能を使用して、外部リソースを制御したり、外部通知ツールを実行したりできます。 外部ユーティリティの用途の 1 つは、バックアップの前にデータベースをオフラインにし、バックアップが完了したらデータベースを再度開始することです。 「終了コードの確認」オプションを使用すると、BackupChainはバックアップを終了し、ユーティリティが予想とは異なる終了コードを返した場合にエラーを報告します。 バッチ ファイルまたは PowerShell コマンドは、%SystemRoot%\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell を使用しても実行でき.exe格納されたスクリプトを実行するように切り替えられます。 ヒント: パス名は引用符で囲んでください。> 演算子を使用して、コンソール出力をログ・ファイルに送信します。 例: C:\app\Myapplication.exe someparameter >c:\temp\mydir.txt 上記のコマンドはエラーを生成する可能性がありますが、バックアップは無人で実行されるため、それらは表示されません。上記の “>” 演算子は、すべてのコンソール出力を mydir にルーティングして.txt後でエラーが発生した場合に検査できるようにします。  

Posted in JP | Comments Off on バックアップ前、バックアップ中、バックアップ後に外部ユーティリティを実行する方法

ファイル ベースの Hyper-V バックアップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ファイルベースのアプローチは一般に推奨されず、特定の状況でのみ使用されます。クラスター共有ボリュームには推奨されません。ほとんどのユーザーは、代わりに Hyper-V 自動バックアップ機能を使用する必要があります (以下の次のセクションを参照してください)。 ライブ仮想マシンをバックアップできるのは、仮想マシンがローカルに保存されている場合のみであることに注意してください。ライブ・バックアップはネットワーク上では機能しません(SANおよびCSVバックアップのみ例外)。つまり、別のサーバーに保存されている VM をプルすることはできません。ライブでバックアップするには、VM がローカルで実行されている必要があります。ただし、オフライン バックアップ (VM がシャットダウンされた場合) はネットワーク経由で機能します。 新しいバックアップ ウィザードを開き、[新しいタスク] ボタンを使用して新しい “Hyper-V バックアップ (サーバー)” タスクを作成します。 次に、使用する Hyper-V バックアップの種類を決定します。ファイルとフォルダーベースの方法の代わりに「自動シングルクリックバックアップと復元」を使用することを強くお勧めしますが、このチュートリアルではファイルフォルダーの方法について説明しますので、ファイルフォルダーの種類を続行します。 VM がクラスター共有ボリューム上にある場合は、下部にある [CSV] オプションを選択します。 仮想マシン ファイル (VHD、仮想マシン フォルダーとスナップショット フォルダー) を含むフォルダーを選択します。 注: ネットワーク経由でファイルをプルすることはできません。ライブ バックアップを機能させるには、VM をローカルまたは CSV にインストールする必要があります。 次に、デフォルト設定を受け入れるか、カスタム設定を使用します。 推奨されるバックアップ設定では、重複排除、データ圧縮、および 10 ファイル バージョンの保存期間が有効になります (つまり、ファイルの 11回目のバックアップの後、最も古いバックアップが削除されます)。 「ファイル処理なし」は、重複排除とデータ圧縮をオフにし、10 ファイル・バージョンの保存期間を使用します。 カスタム設定を選択すると、次の画面が開きます。 […]

Posted in JP | Comments Off on ファイル ベースの Hyper-V バックアップ

ファイル ベースの方法を使用した Hyper-V VM の復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 標準のファイル復元プロセスを使用して Hyper-V 仮想マシンを復元するには、[バックアップ タスク リスト] からバックアップ タスクを選択し (新しいコンピューターで復元する場合を除く)、メイン メニューから [復元] を選択します。ファイルとフォルダの復元に進みます。 次に、バックアップ場所の詳細を入力する必要があります。この情報は通常、タスク設定で事前設定されています。 手記:この手順では、ルートフォルダを選択する必要があります。 Windows エクスプローラでフォルダを開くと、ルート フォルダは次のようになります。 C_ フォルダー (C: ドライブ用) と BackupChain.config ファイルに注目してください。これらのファイルは、復元操作に必要です。 続行すると、バックアップセットの選択が開きます。 「データがいつバックアップされたかわからない」を選択して、既存のすべてのバックアップの全体像を取得するか、特定の日時を選択します。 復元ポイントを選択すると、Hyper-V 仮想マシン全体を自動的に復元するオプション、詳細な復元 (BackupChain Server Enterprise Edition でのみ使用可能) を開くオプション、またはファイルの復元を続行するオプションが表示されます。このチュートリアルでは、ファイルの復元を選択します。 続行して[OK]をクリックすると、[復元]画面が開きます。 仮想マシンファイルを含むフォルダに移動し、フォルダを確認します。これにより、このフォルダ内のすべてのファイルとすべてのサブフォルダが復元されます。復元プロセスでは、フォルダ内の各ファイルの最新バージョンが復元されます。「最新バージョン」は、復元画面の上部にある日付フィルターによって決定されます。次に、[復元]をクリックして続行します。 仮想マシンにスナップショットが含まれている場合は、すべてのファイルを C:\VHD などの同じフォルダーに復元する必要があります。警告: デフォルトの復元設定では許可なくファイルが上書きされることはありませんが、誤ってファイルを上書きしないように注意する必要があります。 [OK]をクリックし、復元プロセスを完了させます。 次に、サーバーマネージャから新しいHyper-Vマシンを追加し、既存の仮想ディスクに接続します。 CPUやRAMの数など、同じまたは類似の設定を割り当てて、コンピュータを起動してみてください。 新しい仮想ディスクを作成する代わりに、BackupChain が復元した仮想ディスクを選択します。    

Posted in JP | Comments Off on ファイル ベースの方法を使用した Hyper-V VM の復元

ファイルの種類に応じたバックアップ構成(ファイルのバージョン管理/クリーンアップタブ)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainには、[ファイルのバージョン管理/クリーンアップ]タブにある優れた構成機能が含まれています。 バックアップを微調整し、各ファイルのファイルタイプに応じて異なる設定を構成できます。 たとえば、ヘビー級*を扱いたい場合があります。DB ファイルは、Microsoft Word 文書とは異なる *.DOCX。 重複排除をオフにし、期間制限を設定した 2 番目の例: 重要な注意点: *.* は、表の別の行で別途定義されていない限り、すべてのファイルに適用されるため、キャッチオール構成です。警告: *.* 定義を含む行を削除すると、BackupChain はこの表にリストされているファイルタイプのみを処理し、他のすべてのタイプのファイルをスキップします。 [ファイルのバージョン管理/クリーンアップ] タブでは、ファイルの種類ごとに次の設定を制御できます。 最小ファイルバージョン数 圧縮 最小ファイル経過時間 重複 排除 遅延削除期間 アーカイブ期間 バックアップ数の制限 (ファイル バージョン履歴) 以前の「バックアップ数」設定の「最小ファイルバージョン数」は、自動クリーンアッププロセスを制御します。上記の 10 の例では、最新のバックアップ用のスペースを確保するために、そのファイルの最も古いバックアップが削除される前に、ファイルが 10 回バックアップされます。たとえば、ImportantDocument.doc が 1 時間ごとに編集され、BackupChain がこのドキュメントをバックアップするために夜間に実行されるように構成されているとします。 最小ファイルバージョン数を10に設定すると、BackupChainは夜間に実行されるため、ファイルバージョン履歴が最大10日間さかのぼります。BackupChainが1時間ごとに実行された場合、履歴はわずか10時間しかさかのぼりません。したがって、最小ファイル バージョン数の制限は、バックアップが取られる頻度によって異なります。この制限を使用すると、バックアップフォルダ内のそのファイルに対する少なくとも最後の10の変更があることがわかります。 ファイルは、変更が発生した場合にのみバックアップされることに注意してください。したがって、バックアップが100回実行されてもファイルが変更されていない場合でも、バックアップフォルダには1つのファイルバージョンしか表示されません。 または、「バックアップなし」と入力して、ファイルの種類を除外することもできます。 または、ALL と入力して、すべてのファイルリビジョンを保持することもできます。 ファイルのバージョン管理/クリーンアップテーブルを編集しようとすると、ドロップダウンボックスにこれら2つのエントリが表示されます。 データ圧縮の有効化/無効化 データ圧縮は、ほとんどの種類のファイル、特にテキストファイル、Word文書、Excelシート、データベース、およびプログラムファイルに役立ちます。ただし、メディアファイル、音楽ファイル、ビデオ、暗号化されたファイル、およびその他のデジタル記録されたデータなど、その性質上圧縮されない特定のファイルタイプがあります。 上記の例では、*.db種類のファイルは圧縮され、最大3ヶ月間保持され(3ヶ月後には、オリジナルがまだ存在していてもバックアップファイルは削除されます)、オリジナルが削除されると15日後に削除されますが、他のすべてのファイル(*.*)は、オリジナルが削除された後でも永久に圧縮および保持されます。 最小ファイル経過時間 BackupChainは、バックアップストアに存在しない新しいファイルを見つけると、すぐにバックアップします。 […]

Posted in JP | Comments Off on ファイルの種類に応じたバックアップ構成(ファイルのバージョン管理/クリーンアップタブ)

ファイルサーバーのバックアップからファイルとフォルダーを復元する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home バックアップされたファイルが ZIP などの標準形式である場合、またはプレーンな元のファイル形式である場合は、バックアップ フォルダーから直接バックアップ ファイルにアクセスできます。すべてのタイプのすべてのファイルは、BackupChainの復元機能を使用して復元することもできます。 オプション: 「バックアップ・タスク」リストからバックアップ・タスクを選択します。 メインメニューから[復元]を選択し、[ファイルとフォルダの復元]に進みます。 次に、バックアップ場所の詳細を入力する必要があります。この情報は通常、タスク設定で事前設定されています。 手記:この手順では、ルートフォルダを選択する必要があります。 Windows エクスプローラでフォルダを開くと、ルート フォルダは次のようになります。 C_ フォルダー (C: ドライブ用) と BackupChain.config ファイルに注目してください。これらのファイルは、復元操作に必要です。 バックアップフォルダの場所を確認すると、バックアップセットの選択画面が開きます。 バックアップセットの選択 BackupChainは、バックアップ時に存在していたファイル/フォルダ構造を復元することができます、つまり、バックアップ時に存在していたファイルのみを復元し、バックアップ時に存在していたファイルのバージョンを復元します。フォルダーは同じ原則に従って復元されます。 上記と同様に、カレンダービューが表示されます。今日の日付は、色分けされた (青色の) ボックスに表示されます。上記の例では、16 番目、18番目、19番目、および 20番目のバックアップが使用可能であることがわかります (太字)。20番目(最新の日が自動的に事前に選択されます)を選択すると、BackupChainは選択するバックアップのリストを開きます。20日には、いくつかのバックアップがあり、最新のものは午後2時28分04秒に撮影されました。 手記:[今すぐ戻る]をクリックすると、BackupChainはバックアップフォルダの選択が行われた前の画面に戻ります。 「データがいつバックアップされたかわからない。[すべてのデータを表示] をクリックすると、カレンダーが削除され、バックアップ ストアで使用可能なすべてのバックアップ セットの累積ビューが表示されます。つまり、特定の時点で正確なファイル/フォルダー構造を復元することはできませんが、任意のファイルとフォルダー、および必要なファイルバージョンを復元できます。 これは、ファイルやフォルダがいつ削除またはバックアップされたかわからない場合に便利です。 画面の復元 次に、復元画面に入ると、左側のフォルダ構造を開き、復元するパスに移動します。 フォルダ全体を復元するには、ツリーの左側のチェックボックスをオンにします。たとえば、ノード “HV2019” を選択して、フォルダー内の各ファイルの最新バージョンを取得できます。最新バージョンは、復元画面の上部にある復元ポイント フィルターによって異なります。 単一のファイルを復元するには、フォルダをクリックすると、右側にファイルリストが表示されます。この例の上部には、2019 年 9 月 25 日 8:02:38 […]

Posted in JP | Comments Off on ファイルサーバーのバックアップからファイルとフォルダーを復元する方法

ログオプション、バックアップオプション、および進行状況タブの紹介

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home [オプション] タブには、多数のオプションがあります。 さらに下にスクロールすると、追加のオプションが表示されます。   BackupChainのログには、処理されたすべてのファイルの記録が保持され、各バックアップタスクサイクルの終了時にいくつかの統計と要約が表示されます。 デフォルトのログ設定 (「ログ・オプション」タブを参照) は、ログ・エントリーの不必要な累積を防止します。ただし、すべてのファイル (スキップされたファイルを含む) を記録する場合は、[ログ オプション] 画面でログ設定を変更できます。 ログビューは色分けされています。エラーは赤で表示されます。 行をダブルクリックすると、上の小さなポップアップウィンドウに示すように、イベントプロパティが開きます。 右下の[エラーのみを表示]をクリックして、通常のエントリをすべて除外し、失敗した操作のみを表示できます。 時間列には、表示マシンのローカルな時間が表示されます。異なるタイム・ゾーンのリモート・サーバーに接続するマスター・コンソールを使用している場合、時刻列にはリモート・サーバーの時刻ではなく、ローカル時刻の時刻が表示されます。 [ログ] ボタンには、いくつかの追加機能があります。 HTML としてエクスポート、ログのクリア、アーカイブのオープン、バックアップチェーンサポートへの送信、および更新を行います。 ログオプション [ログオプション]タブを使用して、電子メール通知やその他のログ機能を設定します。 手記:インターネット サービス プロバイダー (ISP) がポート 25 の SMTP アクセスをブロックしている可能性があります。通常、このようなISPは、使用する必要がある独自のSMTPサービスを提供しています。または、メールプロバイダが25以外の代替ポート番号を提供する場合もあります。たとえば、Verizonの場合、メールプロバイダのアドレスの代わりに outgoing.verizon.net とポート587を使用します。 バックアップするファイルの数が異常に多い場合は、「ログファイルが正常に処理されました」をオフにすることができます。   進行状況表示 バックアップ タスクを確認するには、[進行状況] タブを開くか、前のセクションで説明したように [ログ] ビューを定期的に更新します。 [進行状況] タブには、さまざまなカウンターと統計情報が表示されます。  

Posted in JP | Comments Off on ログオプション、バックアップオプション、および進行状況タブの紹介

一般的な推奨事項

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home このセクションでは、BackupChainを使用する際に推奨されるさまざまな方法について説明します。 使用可能なメモリ タスクマネージャによって報告されたように、少なくとも512 MBの空き容量があるか、常に利用可能であることを確認してください。 ハイパー V マイクロソフトでは、運用環境でスナップショット/チェックポイントを使用することはお勧めしません。スナップショットを使用すると、パフォーマンスが大幅に低下し、複雑さも増します。さらに、スナップショットを作成した VM には、プロセッサに依存する情報やその他のハードウェア依存の情報が含まれているため、同様のハードウェアでのみ復元できます。 多くの Hyper-V ユーザーは、スナップショットを適用して “バックアップ” を作成します。ただし、スナップショットは元のディスクと同じディスクに保存されるため、バックアップではありません。古いバージョンの仮想マシンを保持する場合は、BackupChain を使用して手動またはスケジュールされた間隔でバックアップするだけです。これははるかに効率的であり、実行時のパフォーマンスの低下を伴いません。 速度設定 少なくとも当初、ほとんどのユーザーは超高速バックアップのアイデアを好みましたが、現実にはハードウェアに負担がかかり、サーバーの応答性に影響を与える可能性があります。そのため、特にクラスタ共有ボリューム設定では、バックアップを 1 つの CPU コアに制限し、最も低いタスク優先度を使用し、BackupChain の読み取り I/O 速度を開始点として約 15 ~ 50,000 Kbyte/秒に制限することをお勧めします。 この数値を微調整するには、RAID 速度と、読み取り速度と書き込み速度に対するハードドライブの平均負荷を考慮に入れます。また、バースト速度は実際の長期データ・アクセス速度の倍数になる可能性があることも考慮してください。最新のハードドライブは150MB /秒以上で破裂する可能性がありますが、シーケンシャルデータを読み取るときに信頼できる60MB /秒しか得られません。 ドライブと VM を頻繁に内部から最適化します。動的に拡張する仮想ディスクを使用している場合は、ホスト上での最適化をお勧めします。SSDを使用する場合は、ドライブのセルの摩耗を軽減し、それによって寿命を延ばす特殊な最適化ソフトウェアが利用可能です。 速度を上げるには、ミラー付きのRAIDストライプアレイを使用することを検討してください(オプション)。 ユーザー アクセスが制限されているときにバックアップをスケジュールします。 ギガビット・ネットワーク・ターゲットを使用し、理想的にはバックアップ・データ専用の専用ネットワーク・アクセス・アダプターを使用し、ストレージ・デバイスへの専用接続を使用します。 一般的な推奨事項 VM を定期的に再起動して、問題を早期に発見します。ブートエラーが検出されず、バックアップ履歴がすべてをブート可能な状態に復元するのに十分な長さではない可能性があります。 ライブバックアップに加えて、定期的にオフラインバックアップを作成します。シャットダウンして再起動すると、VM が良好な状態 (ブート中にブート エラーやその他のディスク エラーがない状態) であることもさらに保証されます。 […]

Posted in JP | Comments Off on 一般的な推奨事項

仮想ディスク変換: VHDX、VHD、VMDK、VDI、および Physical

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home BackupChainのユニークな機能は、元のVMを中断したり、他の方法で影響を与えたりすることなく、仮想マシンをある形式から別の形式にライブで変換できることです。 たとえば、Hyper-V VM を VMDK に変換し、障害発生時に VMware ワークステーションを使用して電源を投入できます。または、VMware ワークステーションから Hyper-V など、あるプラットフォームから別のプラットフォームに移行するために、VM をライブに変換することもできます。 前のセクションの手順と同様に、”V2V” タイプの新しいタスクを作成します。次の例では、Hyper-V VHD を VMware ワークステーションで使用する VMDK に変換します。 次に、次の画面で、必要なソースVHDとターゲットVMDKファイルを選択します。 実行中にこのVMをバックアップまたは変換する場合は、「ライブVM変換を実行する」オプションをチェックする必要があります。Hyper-V の場合、この変換によってアプリケーションの一貫性が保たれ、Hyper-V マネージャーで VM がライブ バックアップ状態に切り替わることがわかります (Hyper-V が独自の裁量で VM を保存済み状態にプルしない限り、中断は発生しません)。詳細については、当社の技術サポートにお問い合わせください)。 ファイル Z:\Converted VMs\Ubuntu.vmdk は、VM の実行中に Hyper-V VM から生成されます。VMDKは、新しいVMwareワークステーションまたはESX VMに直接接続し、ほとんどの場合ブートできます。一部の VM では、中間手順が必要になる場合があります (以下のセクションを参照してください)。中間ステップは、上記の画面で「ユニバーサルブート設定を適用する」を選択すると、VMのブート設定がVMwareとの互換性が高くなるように変更されます。  

Posted in JP | Comments Off on 仮想ディスク変換: VHDX、VHD、VMDK、VDI、および Physical

仮想マシンから物理サーバーへの変換 (V2P)

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 前のセクション「ディスクの復元: 仮想ディスクを物理ディスクにコピーする (V2P)」で示した手順に従って、仮想ディスクの内容を物理ディスクにコピーします。 注: VM を物理サーバーに変換する目的で仮想マシンの仮想ディスクを物理ディスクに変換する場合は、まずディスクを IDE コントローラーに接続してみてください。Windowsが起動したら、マシンに必要なRAIDドライバやその他のドライバをインストールできます。次に、必要に応じて、もう一方のドライブコントローラに接続します。 注: BIOS ブート設定を確認してください。物理マシンでディスクを起動するには、RAID モードと AHCI モードをオフにして IDE に切り替える必要がある場合があります。 場合によっては、メインメニューのディスクツール – >VMとして起動するディスクの準備 – >ハードドライブを選択してOK]をクリックして、物理ディスク上で「VMとして起動するディスクの準備」ツールを実行する必要があります。 役に立つヒント: 仮想ディスクから作成した物理マシンが起動に失敗し、BSOD エラーが発生した場合は、仮想 IDE コントローラーに接続された物理ディスクを使用して、VMware ワークステーション/プレーヤー、VirtualBox、または Hyper-V でダミー仮想マシンを作成してみてください。古いバージョンのWindowsでは、これはWindowsが独自のドライバを適切に更新するセーフモードをロードするのに役立ちます。新しいバージョンの Windows (7 または Server 2008 以降) では、これはおそらく必要ありません。また、セーフモードに入ると、VMwareツールまたはHyper-V統合サービスをアンインストールでき、必要に応じてターゲットマザーボードに付属のハードウェアドライバをインストールできます。 新しいハードウェアで起動するときにブルースクリーンを防ぐためのヒント 物理ディスクが VM で起動したら、Windows ユーティリティ sysprep を ‘generalize’ オプションと共に使用して、Windows を新しいハードウェア用に準備する (再シールをクリック) という別のオプションがあります。sysprep […]

Posted in JP | Comments Off on 仮想マシンから物理サーバーへの変換 (V2P)

仮想マシンのVirtualBoxバックアップと復元を段階的に実行

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home ここで概説する手順は、上記のVMwareバックアップおよびリストア手順に似ています。製品情報については、VirtualBoxバックアップソリューションをご確認ください。 VirtualBox 仮想マシンのバックアップ [新しいタスク] ボタンを使用して VirtualBox バックアップタスクを作成します。 すべての仮想マシンファイル(VHD、VHDX、VMDK、VDI)を含むフォルダを選択します。 VM のファイルの正確な場所がわからない場合は、VirtualBox を開き、VM の設定を開きます。仮想ディスク構成に移動し、VDI または VHD ファイルへのパスを書き留めます。これは通常、すべてのVM関連ファイルが保存されているフォルダと、上記に含める必要があるフォルダです。 ターゲットフォルダを設定し、バックアップタスクを保存するか、バックアップを実行します。 仮想ボックス VM の復元 仮想マシンフォルダを新しい場所に復元します。 VM のフォルダーを復元し、VM の VBOX ファイルに移動し、それを 2 重にして復元された VM を起動します。 ある。または、復元された仮想ディスク ファイル (VDI) を新しく作成した VM に接続します。 マシンを起動します。 詳細な手順は以下のとおりです。メインメニューからRestore Files, Folders, and VMs(ファイル、フォルダー、VMの復元)を選択します。 次に、バックアップの場所についての詳細を入力する必要があります。この情報は通常、タスクの設定にプリセットされています。 手記:この手順では、ルートフォルダを選択する必要があります。 Windows エクスプローラでフォルダを開くと、ルート フォルダは次のようになります。 C_ フォルダー […]

Posted in JP | Comments Off on 仮想マシンのVirtualBoxバックアップと復元を段階的に実行

新しいバックアップタスクを作成する方法、ステップバイステップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home このセクションでは、ファイルのバックアップ作業の概要を説明します。ディスク バックアップのタスクについては、前のセクションで説明しました。 最初にBackupChainを起動すると、次の画面が自動的に開き、最初のバックアップタスクの作成に役立ちます。 上部のバックアップ タスクに名前を付け、わかりやすい方法で説明してください。これは、複数のバックアップ タスクを実行する予定がある場合に便利です。 ニーズに合わせて、最初に正しいタイプのバックアップを選択することが重要です。他のタイプがあなたのニーズに合わない場合は、「ユニバーサルバックアップ」を選択してください。ドキュメントとファイル サーバーのデータは、上記の例で選択した “ファイル レベル バックアップ” の種類を使用してバックアップする必要があります。 ファイル・レベル・バックアップは、データベース、仮想マシン、またはその他のVSS対応アプリケーションをバックアップしたくない場合に使用します。 Hyper-V バックアップ (サーバー) は、Hyper-V VM をバックアップする場合、またはサーバー エディションまたはプラチナ エディションを使用した Hyper-V 粒度バックアップにのみ使用します。このタイプのバックアップは、BackupChain のサーバーエディションを搭載した Windows 10 でも使用できます。 Hyper-V がインストールされた Windows 8 または Windows 10 で Hyper-V バックアップ (クライアント) を使用し、Professional エディションの BackupChain を使用します。このタイプのバックアップでは、ユーザー ガイドの後のセクションで説明するファイル ベースの Hyper-V バックアップ方法を使用します。上級ユーザーは、BackupChain のサーバー エディションを持つ […]

Posted in JP | Comments Off on 新しいバックアップタスクを作成する方法、ステップバイステップ

新しいパスまたは元の場所への自動 Hyper-V 復元

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home シングルクリックバックアップ&リストアを使用してリストアするには、バックアップタスクリストからバックアップタスクを選択し(新しいマシンでのリストアを除く)、メインメニューからリストアを選択します。ファイルとフォルダの復元に進みます。 次に、バックアップ場所の詳細を入力する必要があります。この情報は通常、タスク設定で事前設定されています。 手記:この手順では、ルートフォルダを選択する必要があります。 Windows エクスプローラでフォルダを開くと、ルート フォルダは次のようになります。 C_ フォルダー (C: ドライブ用) と BackupChain.config ファイルに注目してください。これらのファイルは、復元操作に必要です。 続行して[OK]をクリックすると、[復元ポイントの選択]画面が開きます。 すべてのバックアップ復元ポイントが読み取られている間、画面が更新され、完全に復元可能な最も古い VM バックアップ (上のオレンジ色で表示) が表示されます。以前のバックアップは、バックアップ設定によっては、部分的に復元できる場合があります。右側には、選択した日時に、バックアップが成功し、バックアップフォルダ内のすべてのファイルが見つかったときに「(完了)」と表示されます。 復元ポイントを選択して続行してください。仮想マシンの選択画面で、復元する仮想マシンを選択し、[完全復元] オプションを選択したままにします。仮想マシンのサブセット (フォルダーやファイルなど) のみを VM 内から復元する場合は、[詳細な復元] を選択する必要があります。注: 詳細な復元は、BackupChain Server Enterprise Edition でのみ使用できます。 ケース #1: 元の場所に復元し、VM に元の ID を持たせたいと考えています。 重要な注意: 元の VM ID を復元する場合は、続行する前に元の VM を手動で削除する必要があります。VM クローンは、元のクローンと並べて復元できます (下記のケース #2 を参照)。 […]

Posted in JP | Comments Off on 新しいパスまたは元の場所への自動 Hyper-V 復元

方法 : バックアップ タスクの速度と帯域幅の調整

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home EMCのお客様の多くは、サーバ・ハードウェアに10万ドルをはるかに超える費用を費やしているため、バックアップ速度を微調整するためのオプションを提供したいという多数のお客様からのご要望をいただいたことは驚くことではありません。速度タブでは、速度関連のほとんどのオプションを使用できます。 多くの場合、バックアップ・サイクルをできるだけ短くするために、使用可能なすべてのリソースを最大限に活用するために、速度を制限するか、またはその逆のいずれかが必要です。 リソース割り当て制限の指定/システムストレス防止 RAM や CPU などのシステム リソースの使用量を減らすには、いくつかの方法があります。通常、リソース使用量が少ないほど、バックアップ プロセスは遅くなりますが、他のサービスやプログラムに対するシステムの応答性は維持されます。 バックアップ・プロセスの優先順位は、Windows 自体を含む、システム上の他のすべてのプロセスに対するバックグラウンド BackupChain プロセスの優先順位を制御します。他のサービスの応答性を維持する必要がないときに BackupChain を実行している場合を除き、低い設定を使用することをお勧めします。 「使用するCPUコアの最大数」は、BackupChainのCPU使用率を制限し、一度に一定数のワーカーのみがアクティブになるため、RAMを節約するのにも役立ちます。使用可能なすべての CPU を入力すると、CPU 使用率がフルになります。ただし、これは、同時ファイルバックアップの数や使用されている重複排除ワーカーの数(重複排除タブ内)などの追加の要因によって異なります。この制限は、並列ファイル・バックアップがある場合、または複数の重複排除ワーカーを使用する場合に自動的に解除されます。 「速度制限を有効にする」は、読み取りおよび書き込み入出力速度制限をアクティブにします。これらのオプションを使用して、転送速度をハードドライブ、FTP、またはネットワーク共有に制限します。これは、「目詰まり」やネットワーク回線やインターネット回線の詰まりを防ぐのに役立ちますが、ハードドライブのストレスを軽減するのにも役立ちます。 システムの過負荷やハードドライブのストレスを防ぐために、システムに負担をかけないようにすることが最善の利益になります。システムの応答性を維持するには、実際のスループット レートのパーセンテージのみを使用することをお勧めします。今日のハードドライブのほとんどは、はるかに高いバーストレートで20〜50MB /秒の一定の読み取り/書き込み速度を提供できます。ただし、ハードドライブを高速で長時間一貫して実行すると、温度が上昇し、平均寿命が短くなります。 ファイルの同時バックアップ 「同時ファイルバックアップ」は、BackupChainがタスク内のファイルバックアップを並列化できることを意味します。 ただし、ハードウェアをよく知っていて、並列化を使用するのが理にかなっている特定のバックアップセットを選択していない限り、この機能を使用しないことを強くお勧めします。 注: 多数のファイルを同時にバックアップするように構成した場合、プロセスが正しく構成されていない場合、プロセス全体が順次バックアップの場合よりも実際に時間がかかることがあります。 ファイルを 1 つずつ処理することが、実際にはすべてのリソースを最大スループットまで使用している場合、ファイルを並列に追加すると、プロセス全体が遅くなるだけです。並列バックアップは、たとえば、ファイルの圧縮にかなりの時間が費やされる場合に意味があります。2 番目のファイルは、別の CPU コアを実行できます (ファイルごとに 1 つのコアしか使用できない ZIP 形式の場合)。または、たとえば、もう 1 つのファイルがまだ準備されている間に 2 番目のファイルをアップロードすることもできます。同じネットワーク接続を介して多くのファイルをプッシュしようとすることは、通常、推奨されません。例外は、リモート WAN サーバーにファイルをアップロードする場合で、外部ネットワークが原因で各リンクが調整される可能性があり、全体的なスループットを向上させるために複数のアップロード ストリームを使用すると便利です。 ハードドライブの背景情報 メカニカルハードドライブは、データの読み取りと書き込みのために前後に移動する回転ディスクとヘッドを使用して構築されています。最新のメカニカルハードドライブは、ストリーミングの面で優れた平均読み取りおよび書き込みデータスループットと、小さなファイルの読み取りまたは書き込み時の優れたバースト速度を提供するように最適化されています。 「シークタイム」とも呼ばれるヘッドを大きく動かす必要がある場合、パフォーマンスが大幅に低下します。ハードドライブヘッドの移動は非常に無駄であり、数ミリ秒の比較的長い時間がかかります。ソリッドステートディスクはメカニックを使用しないため、この欠点はないことに注意してください。 […]

Posted in JP | Comments Off on 方法 : バックアップ タスクの速度と帯域幅の調整

物理マシンを VirtualBox 仮想マシンに変換する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 先に進む前に、まず物理マシンをHyper-Vで仮想マシンP2Vに変換する方法をご覧ください。 この手順は 1 回だけ行う必要があることに注意してください。VM を配置すると、BackupChain は後続のバックアップ サイクルで仮想ディスクを自動的に置き換えることができます。障害復旧シナリオで VM が必要な場合は、起動するだけですぐに準備完了です。 他のすべてのハイパーバイザーと同様に、戦略は同じです。適切な RAM とその他の設定で新しい VM を作成し、BackupChain によって作成された仮想ディスク (VDI) をポイントします。仮想ディスクをIDEまたはSATAコントローラにマウントします。起動の問題が発生した場合は、上記のセクションの144ページで説明したように起動設定を変更し、必要に応じてEFI BIOS設定を確認する必要があります。 次に、ハードディスクの設定に移動し、BackupChainによって作成されたVDIファイルを選択します。 必要に応じて、IDE コントローラーを作成し、そのコントローラーに VDI を接続できます (SATA コントローラーが VM で機能しない場合)。 コントローラを追加したら、SATAコントローラからVDIを削除し、代わりにIDEコントローラに接続します。 これで VM が完了し、起動される可能性があります。VMがブルースクリーンで起動する場合は、上記のセクションの144ページで説明したように、ブート設定を変更する必要があります。 EFI ブート方式を使用するオペレーティングシステムの場合は、ここで有効にする必要があります。  

Posted in JP | Comments Off on 物理マシンを VirtualBox 仮想マシンに変換する方法

物理マシンをVMware仮想マシンに変換する方法

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 先に進む前に、まず物理マシンをHyper-Vで仮想マシンP2Vに変換する方法をご覧ください。 Hyper-V 以外のハイパーバイザーでの VM のセットアップは非常によく似ています。 この手順は 1 回だけ行う必要があることに注意してください。VM を配置すると、BackupChain は後続のバックアップ サイクルで仮想ディスクを自動的に置き換えることができます。障害復旧シナリオで VM が必要な場合は、起動するだけですぐに準備完了です。 基本的には、仮想ディスクを指す新しい「ダミー」VMを作成します。EFIが必要な場合は、VM設定でEFIをオンにする必要があります。 注記: 必ず最初に仮想ディスクを IDE コントローラに接続します。 VMware ワークステーションで、新しい VM を作成します。 OS のインストールをスキップし、ハードウェア互換性のためにゲスト OS を選択します。   次に、次の画面でVMに名前を付け、適切なBIOSを選択します Hyper-V とは異なり、この BIOS 設定は必要に応じて後で変更できます。次に、次のページをスキップして、LANとメモリを割り当て、仮想ディスクをIDEコントローラに接続します。 次に、「既存のディスクを使用する」を選択します。 次に、BackupChainによって作成された仮想ディスクを選択します。 これで VM が完了し、起動される可能性があります。VMがブルースクリーンで起動する場合は、上記のセクションの144ページで説明したように、ブート設定を変更する必要があります。    

Posted in JP | Comments Off on 物理マシンをVMware仮想マシンに変換する方法

自動化されたシングルクリック Hyper-V バックアップ

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home Hyper-V の自動シングル クリック バックアップと復元機能は、労力を軽減し、前のセクションで概説したすべての手順を処理します。 バックアップウィザードから始めます。 1.新しい Hyper-V バックアップ (サーバー) タスクを作成します。 2.自動Hyper-Vバックアップを選択し、クラスター共有ボリュームを使用している場合はCSVモードをオンにします。 3.次に、リストからVMを選択するか、自動選択機能を使用できます(オプションが[リストからVMを選択する]にチェックされていることに注意してください)。 または、サーバーエンタープライズエディション以上で「自動VM選択」を使用することもできます。 上記の画面では、すべての VM を自動的にバックアップする場合は、追加の構成は必要ありません。名前に基づいて包含フィルターと除外フィルターを指定できます。 たとえば、会社で次の命名規則を設定できます。VM 名に ‘Production’ という単語が含まれている場合、それは運用 VM であり、常にバックアップされます。その場合は、上記の包含フィルタとしてプロダクションという言葉を追加します。 または、次のように動作するように除外フィルターを定義することもできます: “テスト” または “バックアップしない” という単語を使用するすべての VM をスキップするとします。次に、引用符を入力せずに、テスト用と「バックアップしない」の2行で除外フィルタを定義します。 「レプリカ VM をバックアップしない」オプションを使用すると、レプリカ VM のバックアップができなくなります。これは、レプリカ ターゲット VM で既に個別にバックアップを行っていて、サーバーの負荷を最小限に抑えたい場合に便利です。 「VM を待つ」オプションは、VM を並列にバックアップできない状況をカバーするために用意されています。VM のアプリケーション整合性のとれたバックアップを取得するには、VM 内のサービスが参加する必要があることに注意してください。一部のサービスでは、内部データ構造内に排他ロックがかけられ、並列同時バックアップの実行が妨げられる場合があります。したがって、wait オプションは、VM がバックアップされていることを認識し、VM が完了するのを待ってから続行します。 注:「シャットダウンされたVMをバックアップしない」オプションは、データ損失につながる可能性があります。実行中に VM が常にバックアップされるケースを考えてみましょう。ある時点でシャットダウンされ、バックアップにその […]

Posted in JP | Comments Off on 自動化されたシングルクリック Hyper-V バックアップ

重複排除 (デルタ圧縮) 設定

製品の詳細情報はBackupChainホームページをご覧ください。Switch to English. Download BackupChain® BackupChain Home 重複排除 (デルタ圧縮とも呼ばれます) は、大きなファイルを定期的にバックアップするときに冗長性を低下させるプロセスです。デルタ圧縮アルゴリズムは、バックアップ・サイクル間に発生した変更を検出することにより、ストレージ使用量とバックアップ時間を短縮します。 重複排除をグローバルに無効にするには、[重複排除] タブの [重複排除 (デルタ圧縮)] のチェックを外します。 「デルタ・タイプ」設定は、増分バックアップと差分バックアップ重複排除を切り替えます。 デルタ・ブロック・サイズは、重複排除が機能するための粒度であり、基本的には検出可能な最小の変更です。大きなサイズを使用すると、プロセスが高速化され、オーバーヘッドが削減されますが、より多くのストレージスペースが無駄になります。ブロック・サイズが小さいほどスペース効率は高くなりますが、オーバーヘッドが多くなるため、完了までに時間がかかります。 重複排除ワーカーの数は、重複排除プロセスの並列実行を制御します。複数のCPUコアが1つのファイルの重複排除できるようにすることで、大幅な速度向上を実現できます。ただし、RAM と CPU の消費量は、より多くのワーカーが配置されるにつれて大幅に増加します。 増分重複排除とは 増分重複排除は基本的なバックアップ用語であり、フル・コピーで始まり、その後に増分が続くバックアップ・チェーンを指します。増分は、現在のファイル コピーと前のバックアップ サイクルのコピーとのファイル コンテンツの比較に基づいています。したがって、連続する各インクリメントは、前のインクリメントに依存します。 利点:高速で効率的なバックアップ、インクリメントは可能な限り小さくなります。 短所: 各インクリメントは、復元時に独自のステップを必要とします。したがって、リストアには差分重複排除よりも時間がかかります。さらに、リストア時には、すべてのインクリメントと最後のフル・コピーにアクセスする必要があります。 差分重複排除とは 増分重複排除と同様に、差分重複排除はファイルの完全コピーから始まります。その後、バックアップ サイクルごとに増分が生成されますが、すべてファイルの最後に使用可能なフル コピーを参照します。増分重複排除との違いは、現在のファイル バージョンがファイルの最後の完全コピーと比較されることです。増分重複排除ではバックアップ・チェーン (フル・コピーの後に相互依存の増分が続く) が作成されますが、差分重複排除ではスター関係が作成されます。各差分は、最後の差分ではなく、最後のフル・コピーに依存します。 利点: 最後のフル・コピーと最後の差分差分のみが必要なため、リストア時間が短縮されます。したがって、復元プロセスは 1 ステップまたは最大 2 ステップのプロセスです。 短所: 最後のフル・コピーと現在のバックアップ・サイクル(通常は)の間の変更の割合が大きくなるため、差分は各バックアップ後に大きくなる傾向があります。 断続的な完全コピーを作成する理由と方法 正解も不正解もなく、あらゆる状況に合う戦略もありません。 「X サイクルごとにフル・コピーを作成する」の設定は、上記で説明した増分バックアップ戦略と差分バックアップ戦略の長所と短所のバランスをとるのに便利な救済策です。 「5」に設定すると、5 回のバックアップ サイクルごとにフル コピーが作成されます。たとえば、バックアップを毎日実行する場合、5 日目ごとに、増分差分ファイルまたは差分差分ファイルではなく、完全コピーが生成されます。 この戦略の利点は、復元する増分手順が 5 […]

Posted in JP | Comments Off on 重複排除 (デルタ圧縮) 設定

Backup Software Overview

The Best Backup Software in 2022
Download BackupChain®

BackupChain Backup Software is the all-in-one Windows Server backup solution and includes:
Server Backup
Disk Image Backup
Drive Cloning and Disk Copy
VirtualBox Backup
VMware Backup
FTP Backup
Cloud Backup
File Server Backup
Virtual Machine Backup
Server Backup Solution

Hyper-V Backup

  • 18 Hyper-V Tips & Strategies You Need to Know
  • How to Back up Windows 10 Hyper-V VMs
  • Hyper-V Backup

    Popular

    Resources